日本初! アメリカで流行中の「エアドラムフィットネス」を体験してきた

2017年9月26日

本誌ではできないことをやってみた

こんにちは、ある場所から竹島です。今日のやってみた記事は『キックボクシング編

元K-1世界王者 魔裟斗プロデュースの最新フィットネスを体験してきた

に引き続き、今週も最新フィットネスの体験記をお届け。下記の内容にあてはまる人に特におすすめのフィットネスをご紹介します!

LA発のフィットネスが登場!

今回体験してきたのは、LA発のPOUND ITというフィットネス大音量の音楽に合わせて全身を動かしながら蛍光カラーのドラムスティックを叩く、エアドラムの動きを取り入れたもの。

しかも、受講できるのは
日本ではまだこの場所だけ。

どうやらインストラクターのかけ声とイケイケな音楽に合わせて、全身をフルに使ってエアドラマーになるようなのだけど、何がすごいってそれだけじゃなくて

スタジオの室温は30℃、
湿度約65%とHOTらしい。

絶対汗びしょ。老廃物がびゅーっと流れていきそうなこと間違いなし。運動不足な私でも最後までついていけるのだろうか…。さあて、やってみます!!

POUND ITやってみた

蛍光グリーンのスティックを配られインストラクターのTOMOMIさんが登場。そしたら大音量のノリノリな音楽がかかって、早速エクササイズがスタート。

まずは頭の上でスティックを叩くベースの動作から。これが結構きつい。腕だけじゃなくて全身でビートを刻むのがこのPOUND ITなので、消費量がとにかくすごい(あと汗も)。

どんどん音楽のテンポに合わせて、速いスピードで上に下にと全身で動いて、スティックを激しく降っていきます。会場がクラブのような暗闇だったので写らなかったけど、こんな感じでとっても白熱したスタジオ内でした↓↓

サイドステップをしたり、腕を横に振ってサイドでスティックを叩いたり、上下だけでなく横方向の運動もかなり激しかったです。ちなみに、インストラクターのTOMOMIさんがあまりにも終始フルの笑顔なので、こちらも自然と笑顔でやっていました。

ちなみに、音楽つきでエクササイズの様子を見たい方は、下記をチェック!

一曲が終わる4分くらいで1セットが終わり、また違うテンポ(曲調)の音楽へとシフトしたら、スティックを降ったり叩いたりする動きも変わっていきます。

中でも一番キツかったのは、この動き。

サイド! サイド! サイド!

(今日まで封印していた)私の腹筋が悲鳴を上げていました。この動きをやって分かったことは、POUND ITは音楽に乗せられる筋トレだということです。本当にキツ〜い! でも、なんだか笑えてくるくらい楽しいんです。

まとめ

フィットネスとして、運動としての感想よりも先に伝えたいのは、すごく楽しかったということです。

とにかく新しいもの好きの私は好奇心でチャレンジしにいきましたが、想像を上回る高揚感を得ることができました。暗闇×音楽×運動…ワクワクする要素がいっぱいで、終始興奮状態でした。

そして、記事内でお伝えした通り楽しいだけでなく、全身をフルに動かす本格的な有酸素運動なので、短時間でもかなり運動効果が得られると思いました。スポーツの秋ということで、みなさんもぜひ新しいフィットネスに挑戦してみてくださいね!!

(スタジオ情報)
バーネススタイル
東京都千代田区神田相生町1 センタープレイスビルB1F
☎︎03-3527-1761
https://www.burnesstyle.com/

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP