更新日:2015.09.02 (Wed)
|

あなたは大丈夫?!おブス背中をつくる9の悪習慣

普段何気なくやっている仕草やクセが、実は雌ガールの背中をおブスにしているかも!!

毎日のことだから、思い当たる人は今すぐ改心を!

デスクワークが多い

人間の頭はスイカ1個分の重さ。「モニターを見ようと頭を前に出すと、それを支える首や肩に大きな負担がかかり、猫背の原因になります」(スタイルリフォーマー・古城奈々絵さん)。1時間に1度は立ってリセットを。

1509p174-1

 

低いテーブルメイクをする

メイクをする時、自分の目線よりも低い位置に鏡がある人はアウト〜! 「目線より下に鏡があると、顔を見ようと背中を丸めますよね。これがもう猫背の状態。毎日やっているとクセになるのは当然です」(古城さん)

 

 1509p174-2

ハイヒールよく履く

ほぼつま先立ちの状態で歩くのだから、当然身体はバランスをとろうとするもの。「つま先立ちの状態だと重心が前に傾くので、無意識に胸をすくませて猫背になってしまうことがほとんど。バストが下を向くので胸の下垂にも直結します。週に数日はスニーカーDAYをつくるなどして、本来の立ち姿を意識してみてください」(古城さん)。青竹踏みなどで足をケアするのも◎。

 

スマホ長時間見ている

スマホを見る時間が長いと、同じ姿勢でいる時間も長いということ。スマホを持つ位置がカギ。「頭を垂れ下げて胸より下の位置で見ていると、首に大きな負担がかかります。携帯はできるだけ顔の前に」(古城さん)

1509p174-3

コンディショナーのすすぎ残しがある

「シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しがあると、汚れ等が付着したままとなり、背中ニキビの原因になることがあります。また、髪の毛には意外と汚れやホコリが溜まりやすいので、髪が長い人は日中も背中に髪が常に触れている状態を避けるのが理想です」(ビューティースキンスペシャリスト・深澤亜希さん)。シャンプーやコンディショナーをすすぐ時は、シャワーで1分ほどかけて流し、さらにその後、背中もシャワーで念入りに流すとベスト。

 

締めつけの強い下着をつけている

下着の締めつけが、肌の透明感にも影響するなんて!?「きつすぎる下着は血行を滞らせるため、くすみの原因になります。また、下着の摩擦で色素沈着してしまう可能性もお忘れなく…」(深澤さん)。自分に合った下着を。

1509p174-4

お風呂上がりに 保湿をしない

背中の保湿、していますか? 「ナイロンのタオルでゴシゴシ身体を洗っている人が多いと思いますが、汚れとともに古い角質もとれ、洗った後はかなり潤いが奪われている状態。顔と同じように、洗浄後はしっかり保湿するのが大事です。乾燥が気になる人は、洗顔料で洗うのもおすすめですよ」(深澤さん)。手を伸ばして届く範囲だけでも、ローションやクリームを塗って。

 

バッグを片方の肩にばかりかける

いつも片方の肩にバッグをかけていると、片側重心のクセが歪みとなり、やがて定着してしまう。「毎日かける肩を変えるなど、左右均等になるように意識しましょう」(古城さん)。背中や首、肩への負担が少ないリュックもおすすめ。

1509p174-5

パジャマ毎日洗わない

背中ニキビで悩んでいる人は必読。お風呂上がりのキレイな肌にまとうパジャマは、数日着続けても大丈夫!なんて思ってませんか? 「就寝中は想像以上に汗をかいています。そして肌細胞は夜の間に代謝をし、再生するもの。汗を吸ったパジャマを何日も着るなんて、肌にいいワケがありません! できれば毎日洗いましょう。シーツも週に1度は洗うべきです」(深澤さん)

 

見せたい背中が追う

肌を露出する季節はすぐそこだけど、気になるのは背中の美しさ。ココ、意外と男子に見られてます! 自分では見えない背面が手入れされている女ほどツヤっぽいし、男子はドキッとするはず。しっかりケアして、いつ見られてもOKな背中にしておきましょ♥

あなたは大丈夫?!おブス背中をつくる9の悪習慣 | ボディケア情報を多数ご紹介!女性のためのトレンドのヘアスタイルをまとめた、おフェロメイク、髪型、ヘアカタログサイト「web!!ar」ダイエット情報からボディケア、最新ニュースまで幅広いボディにまつわるトピックをまとめました。