クローゼットお悩み相談室~正しい洗濯がわからない!~

2016年11月21日

服が好きだから知っておきたい、大好きなアイテムの正しい洗い方と適切な保管方法。

愛情かけてキレイに洗って、お気に入りの洋服を長~く楽しみましょ!

38222144_M

普段着って何回着たら洗うべきか問題。

汗を吸った服に関しては、「洗えるものはこまめに洗う」がベストアンサー。

汚れを落とすことは服を長持ちさせるうえでプラスになるから。

特に、肌に直接触れるものは1回着たら洗うべき。

ただし、洗い方はごく簡単でOKで、洗い3分+すすぎ1回+脱水くらいで十分です。

素材によっては風合いを損なうものがあるから慎重にチェックを。

53527528_M

風合いを損なうと言えば、あまり洗わなくていいと言われるデニムとニット。

果たして…??

洗うの難しい二大アイテムを攻略。

色も風合いも育てて着こなすデニム

自然な色落ちを楽しみながら着たいデニム。

洗濯による色や風合いの変化が如実に表れるから、お気に入りの状態を長く保てるかは洗い方次第。

落ちやすい染料を使っているので、ふつうに標準コースで洗ってしまうと著しい色落ちの原因に。

水だけで洗うとか、おしゃれ着用洗剤で洗うと色が落ちにくく風合いも保てるはず。

また、その際には白いものとは分けて洗うことをお忘れなく!

ニットにはとことん優しくしてあげる

肌に直接触れることが少ないから洗濯の頻度も少なめなニット。

その分、毎回の洗い方はとにかく丁寧に優しく! 優しくしすぎてもいいくらいです。

洗濯機はダメ絶対! ニットは手洗い、これがお約束♡

おしゃれ着用洗剤を入れた洗面器で、つけ置き&押し洗い。

泡が消えるまで何度か水を入れ替えてすすぎをしたら、手で押して絞ります。

最後は、お風呂の蓋などに平置きしてカタチを整えて干す。

手間暇イコール愛情と思って、頑張りましょ♡

洗い方に気をつけるべき素材って何だ?

服がどんな素材でできているか、どう洗うべきか種類も方法もさまざま。

長く着続けるためには、その服を買う前に素材をチェックしておくのが正しい方法。

よくある素材で要注意なのは、レーヨン。

水にぬれると縮みやすい素材なので、洗う場合は手洗いで短時間に済ませるのが◎。

41751814_M

♡ ♡ 大好きな洋服にはたっぷりの愛情をかける、それが女子の嗜みですね ♡ ♡

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP