ワックスを使いこなしたらこんなに印象が変わるって知ってた?

2017年9月16日

なんとなく使えてるようで意外と難しいアイテムと言えば、ヘアワックス。皆さん、ヘアスタイルによってヘアワックス変えてますか?(筆者はまったく変えてませんでした・・・)

なんか髪型決まらない、その原因はヘアワックスに多いにあるのです!

その1:まずはお得意の柔らかカールスタイル

まずはワックスと言えば、ふんわりカールスタイルがお手の物。こちらは26mmのコテで全体をランダムに巻いてほぐし、ワックスを揉み込んだスタイル。チョイスしたバームタイプは保湿性が高く、どんなスタイルにも相性抜群。束感と濡れたようなツヤで色っぽさをアップ。

ポイント

ワックスは1円玉の量を手に取り、よく伸ばしてから下から上へくしゃっと揉み込む。前髪はつまんで束感を強調。

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g¥1,980/ココバイ

ツヤとまとまり感が上場。髪だけでなく、肌や唇の潤いケアにも!

その2:実はストレートにもワックスは重要

実はストレートヘアこそワックスが重要!ナチュラルな外ハネ感を作ることで、ただのボサボサヘアにならず、さりげなくお洒落にしてくれます。まずは髪型をサイドパートに分けて、手ぐしで毛先を外へ反らせながらドライヤーの弱風でハンドドライ。軽やかな仕上がり感とセット力を併せ持つワックスで、ベタベタしないツヤをまとって。

ポイント

くせがあったり膨らみやすい人は。500円玉くらいたっぷりの量を使用してみて。手に伸ばし、手ぐしを通して面のツヤとハネを整えれば、まとまりやすく。

ピース ヌーディーメイク ワックス 100g ¥2000/アリミノ

作り込まない動きと軽やかな質感。時間が経ってもべたつかない。

その3:かきあげバングもお手の物

セクシーなかきあげバングもワックスの力で自然に立ち上がり&しっかりホールド。全体にストレートアイロンを滑らせてランダムに動きをつけて崩し、前髪は巻き込んで立ち上がりをつける。ハードワックスを前髪の根元と、ライトサイド(髪のボリュームが少ないほう)の耳後ろにとかしつける。ところどころつまんで束感を出せば、セクシーヘアの出来上がり♡

ポイント

8:2で分けた前髪の根元を起こすように、ハードワックスを手ぐしでとかしつける。量はパール1粒大ほどを手に伸ばし、少しずつつけるのがコツ。

シュワルツコフ プロフェショナル オージス ロックハード ヘアワックス 147g ¥1,500/ヘンケルジャパン

崩れやすい髪をガチッと固めて、立ち上がりをキープ。

 

何気なくつけてるワックスですが、実は使用アイテムと方法を選べばこんなに印象が変わるのです!早速今日から試してみて♡

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP