丸顔もベース顔も似合うミディアム♡

2015年9月7日

第一印象で好感度ポイントを上げたいのなら、おすすめはセミディ

0082_01

セミディとはセミロングほど長くありませんが、ミディアムまでは短くならない長さの髪形を言います。肩につくかどうかから、鎖骨にかかるくらいまでがセミディです。
これが実は応用力抜群でまとめるにしても扱いやすく、しかもスタイリッシュに見えてしまうジャストライトな長さなのです。髪形は普通、丸顔やベース型といった顔の形や、硬かったり柔らかかったりというその人その人ごとの髪質によってカット出来る出来ないが決められてしまいます。それがセミディなら顔の形や髪質を選ばないで作れるのです。オールマイティなのも魅力的といえるでしょう。
またアレンジ力が高いだけではなく、そのままでも十分キメられるので、ずぼらさんにもぴったりです。おしゃれをミニマルにインしただけで作れるニュアンスセミディのキャッチーさは、試してみる価値があるといえます。
そんなセミディを作るには、まずベースを重めに

0082_02

しっかりとした存在感をアピールするためには、重めのベースははずせないでしょう。次に、できるだけ段をつけないようにして、裾にボリュームを持たせます。さらにボリューム感を出すために、ゆるふわパーマをかけて、出来上がりです。
以上がセミディの作り方なのですが、今回はデート前のような作った感を出さずに、普段家にいるときのようなナチュラル感を大事にしたいので、ベースは重めにしつつも、表面のみにレイヤーを入れて動きを作り、パーマはかけないでいきます。セミディでは特にゆるふわパーマは、かわいさを演出するためにはマストなのですが、キメすぎるきらいがあります。そのため、完璧さよりも親しみやすさをメインに持ってくるには、パーマをかけずにアイロンでテキトー巻きのほうがニュアンス的にはしっくりきます。ゆるっと感が魅惑的なほつれウエーブは、キメすぎないラフな質感に仕上げるのが決め手になります。

Salon Information

joemi by Un ami

03-3355-1011

スタイリスト: 担当者
小倉太郎さん
モデル


おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP