ベリーショートだけど女っぽく♥

2015年9月7日

ガーリー女子からハンサムヘアーで女前になりたいと、ベリーショートに憧れる人が急増中です。


0062_01

 

 

どうせなら、ハンサムに色っぽさをプラスして、女としてのかっこよさを感じるスタイルで上級者を目指したいですね。ハンサムにして、コケット。立体的なのに、ツヤっぽい。多面的な印象で魅了するベリーショート。一度はやってみたいけど、ベリーショートにパーマをかけると老けて見えないか心配になります。 ロッドを使わないピンパーマなら、多角的な印象で魅了するスタイルが実現できます。 ピンで巻きつけるパーマは、緩やかで自然なカーブが手に入ります。すべてピンパーマで、顔まわりのみ薬剤を弱めながらパーマをかければ、おババっぽく見えちゃう心配とも無縁です。ラフさの中にモードっぽさを演出し、凛とした表情を生み出すスタイルになります。ベリーショートはボーイッシュになりがちですが、ニュアンスパーマで女らしさをアピールします。

 

短めバングで目力アップさせれば、強さと色っぽさを兼ね備えた雰囲気になります。

0062_03

そして、厚めバングはモード感が出てオシャレ度がアップします。長すぎず短すぎずちょうどいい長さのバングは、ベリーショートに合わせることによって可愛らしさも持ち合わせます。ファッションによって、前髪の印象を変えればどんなスタイルにもマッチ、気分によってメンズライクにもレディスにも変身できちゃいます。 トップはふんわりとさせて立体的に、サイドと襟足を短くすることで、バックシルエットが美しく見える効果が得られます。

 

後ろ姿にもとびきりの色気を秘めて、媚びすぎないクールさも併せ持ちます。

 

0062_02

いきなりベリーショートにするのは勇気がいるけど、長かった髪をバッサリ切ったらその変化にドキッとさせられます。大胆さがセクシーを演出し、ハンサムでコケットな憧れヘアになります。ベリーショートな大人の女性は、デキ女への近道。全体にすっきりまとまったシルエットは、構えすぎない色っぽさを醸し出します

Salon Information

DaB ダブ オモテサンドウ

03-5778-4700

スタイリスト: 副店長
谷口 洋さん

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP