強くて辛口な新しいウェーブのカタチ!

2015年9月3日

そろそろイメージチェンジしたいな・・・

強くて辛口な新しいウェーブのカタチ!_01

それなら、いっそ思いっきり女を楽しみたい!女っぽいけどちょっぴり辛口、そんなヘアスタイルってないものでしょうか。
ウェーブがかかったヘアスタイルというと、ストレートロングとはまた違った意味で「女性らしさ」を感じます。同じ「女性らしさ」でもストレートは大人っぽい、清楚、知的なイメージがあるけれど、ウェーブスタイルは甘い感じ。やわらかさや軽やかさを演出したいときに活躍するヘアスタイルだと思われることが多いでしょう。だからと言って、「風にふんわりと揺れるウェーブヘアには憧れるし、イメージチェンジしてみたいけれど、甘くてやわらかいヘアスタイルは自分のキャラじゃないから・・・」とあきらめるのはもったいない!ウェービイでも甘くない、辛口パーマで自分らしさを表現してみませんか?今回ご紹介するのは、これまで見たこともなかったようなウェーブヘアです。

レングスがあごラインのボブをベースに作っていきましょう。

強くて辛口な新しいウェーブのカタチ!_02

まずは下の髪、つまり内側は短く削って、上に行くほど長めになるようにカット、ちょっとだけ段を作って全体的には厚みのあるグラデーションボブを作ります。次に、チョイスするロッドは細めのものを。一度に手に取る髪の量は少なめにして、髪を前から後ろに巻く「リバース巻き」、逆に今度は後ろから前に巻いていく「フォワード巻き」、2種類の巻き方で毛先とトップのちょうど中間からカールしていきます。これを2回転半、繰り返していきます。こうすることで束感を強調させます。

強めなパーマだけど、

強くて辛口な新しいウェーブのカタチ!_03

細かい束のひとつひとつが存在感を出していて、まとまりすぎないウェーブになります。細い筋状になった髪束が連続して流れ落ち、ゆっくりと揺れる様は、とっても辛口セクシー。前髪のレングスはサイドとそろえて、思い切って横に流しておでこ全開に。カジュアルだけどラフじゃない、ゆらゆら揺れるのに甘くない、元気がもらえるのにセクシー。こんなウェーブ、今まで見たことありましたか?

Salon Information

Garland ガーランド

03-5778-3800

スタイリスト: 店長
野口和弘さん

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP