更新日:2015.09.07 (Mon)
|

あえて重みを残した90年代を思わせる野暮ったさが狙いです

清楚なストレートロングに飽きたら、インパクトのあるパーマで勝負

0098_01

いろいろな顔のあなたがいることを、彼に見せつけるチャンスです。理想より少し長くなりすぎた髪も、しっかりカールを入れるとちょうどいい長さになります。強めのウエーブを散らして、90年代を思わせるボリュームたっぷりに仕上げたガーリーモードなスタイル。しっかりめのカールや重ための量感でアカ抜けなさを狙うことで、一周回ってとびきりおしゃれに見える複雑なパラドックスに要注目です。90年代ファッションに代表される少し野暮ったい感じや、ストリートミックスと合うほどよいルーズ感が魅力です。憧れの外国人風スタイルを実現した重めパーマは、がっつりめのブラウンメイクとの相性も抜群です。
前髪は、小顔になる効果抜群のセンターパート。女性らしく華やかな雰囲気になり、掻き上げた前髪でアンニュイにもなります。しっかりカールも前髪なしにすることで、どこかすっきりとした印象になります。子供っぽくなりすぎない、大人かわいいスタイルを作り出します。

0098_02
さらに、カギとなるのはワザありカラーです。襟足から表面までランダムな太さでハイライトを入れ、全体はピスタチオっぽいオリーブブラウンにします。動いた時にのぞくこのハイライトが、ほどよいヌケ感を出してくれます。お人形さんのようなふわふわパーマも、ハイライトを入れることで程よく軽やかになります。髪に動きが出てパーマが際立ち、太陽の光にあたって部分的に透き通るような3Dヘアが出来上がります。

ロングだからこそハイライトで見栄えにインパクトが生まれ、ウエット感のあるロングウエーブでおしゃれな雰囲気を演出します。全体のオリーブブラウンにハイライトをプラスしたカラーは、秋冬のダークカラーから飛びぬけ過ぎないカラーがちょうどいい色合いです。
ドライワックス×ソフトスプレーで演出した、まとまりレスのバサッと質感もイイ感じです。おしゃれ上級者スタイルに変身して、彼を飽きさせない工夫をしましょう。

サロン情報

LAURUN

03-6447-0250

担当

AOYAGIさん

モデル

ハミルトン世菜さん

あえて重みを残した90年代を思わせる野暮ったさが狙いです | ヘアスタイルを多数ご紹介!女性のためのトレンドのヘアスタイルをまとめた、おフェロメイク、髪型、ヘアカタログサイト「web!!ar」ショートカットからボブスタイル、ストレートヘアまで幅広いヘアスタイルをまとめました。