お局サマと上手く付き合う方法【Emiriの恋愛♡スイッチ道場】

2017年7月18日

恋愛に悩みはつきもの。一人で悩みを抱えているARGたちに、顧客1000人のチャネリングカウンセラーのEmiriがエールを送る新連載♡

EmiriさんのふわキラMindでおフェロなモテ子に生まれ変わるヒントを掴んじゃお!

キーワードは“柔和”!

 

★お局の作り方

シンプルに怒鳴られたり、チクチク嫌味を言われたり、、

こわーいお局との付き合い方に悩む方も多いハズ。

 

そんなお局は、どうやって「作られた」のでしょうか?

「お局」と呼ばれる彼女たちにはいくつかの共通点があるようです。

 

1つは人から嫌われることをとても恐れていること

2つ目は「べき論」で動いていること

3つ目はとても疲れていること

そして、寂しがり屋であることです。

 

《人から嫌われることをとても恐れていること》

これは一種の防衛本能として、

嫌われるのが怖いので先に攻撃しておこう!

という気持ちが彼女たちの中であるようです、、

数々の歴戦の傷で、彼女たちの心は実はボロボロ💦

 

「これ以上ダメージを受けるワケにはいかない!!!」状態になってしまっています。

 

なので、作戦として嫌う気持ちも出ないくらい攻撃して大人しくしておこう、

立場を分からせておこうと感じているお局さんが多いようです

その為に、会社やグループの中で「お局」ポジションに座り、

「好きか嫌いか評価するのは私ですよ あなたではないですよ」

と雰囲気を通して宣言しているのです!

《「べき論」で動いていること》

「普通はこうするべき」

「〜しなければいけないでしょ」

など、お局は自分の作った常識やルールを「こうするべきだ!」と信じて行動しています!

 

彼女たちは小さなころから、こうしたルールで自分を縛りに縛り、身動きが取れないほどがんじがらめになっています💦

 

「しっかりしなければいけない」

「誰よりも目立っているべきだ」

「自分は勝たなければいけない」

「自分は強い人間でいるべきだ」

 

そんなルールを背負いこむ彼女たちは、決まって怒りやすい傾向にあります!

自分はルールを守る為にこんなに頑張っているのに

何故あなたはルールを守らないんだ!と彼女たちは怒ります

 

心の中に自分に対してのルールがあればあるほど、それは怒りの種になりえるのです!

怒りを持つことは焼け石を持っていることと同じだ、という言葉があります

 

これはお局だけでなく全ての人に言えることですが、怒りは寂しさの進化系なのです!

 

自分はないがしろにされた

尊重されていない

自分はこんなに頑張っているのに理解されない

 

そんな寂しさが進化し、怒りになるのです!

寂しさという石が進化を遂げ、あなたの心と人生を焼き尽くすのです

怒りの感情は一回出てしまうと、人は離れていくので消すのは中々大変ですが、一段階前の「寂しさ」ならばまわりの人は理解し助けることができます

 

もしあなたが、

今怒っているのなら、何が寂しかったのかを考え、その寂しさを伝えられる人に吐き出してみてください

もし、恥ずかしかったなら紙に書いても、独り言でも大丈夫です。

大事なのは心から出すこと、そして自分が寂しかったのだと認識することなのです!

 

そして3つ目は《とても疲れていること》

立場決めや、「べき論」などの彼女たちの習慣は

彼女たちが小さな子供だった時に始まっています!

彼女たちは親御さんと接する中で、愛を受け取ろうとする中で、「頑張らなくてはいけない」「こうするべきだ」など様々なルールをつくり生き続けてきました

 

4歳くらいの小さなころから彼女たちは毎日毎日、一瞬一瞬そうして頑張り続けてきたのです!

全ては大切な人から愛を受ける為に。

それは今もつづく満たされることの無い渇きの毎日です💦

 

そんな毎日が続いているので彼女たちは

安心して深く眠れないのでクマも増え、

いつも不安なので手足は冷えて、

泣くことのできない目は乾いています

 

彼女たちはとても疲れているのです。

 

こうしてお局さんたちは作られていったのです!

1

2

3

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP