そのトキメキ、恋じゃなくて発情かも!? オンナを上げるSEXの真実

2017年8月5日

いつもは冷静なあなたも、ことSEXに関しては、
気持ちと行動がちぐはぐになったり、自分の気持ちすらよく分からなくて
戸惑った経験があるのでは?
それほどに日々私たちを支配(!?)しているSEXについて、
知っておくと一歩大人のオンナに近づける、マル秘知識をQ&A形式でご紹介!
思い当たる節がある人、じっくりと読んでみて。

Q 浮気男や不倫男とのSEXの方が気持ちよく感じてしまいます…。

A ドキドキワクワクによるドーパミンが関係しているかも。
ハードルがある恋愛や、いけないことをしているという背徳感からドーパミンが出ている可能性が。普通の付き合いではないその刺激にワクワクしている気持ちの表れでしょう。(松村圭子さん)

A そもそも浮気は、SEXの優先順位が高い関係!
男女ともに、不倫や浮気の動機の50%はSEXに占められています。だから恋人には言えない恥ずかしいこともお互いに遠慮することなく、性の要望を伝えている不倫カップルが多いです。1回のSEXにかける熱量が大きく、気持ちよく感じていることも。よってSEXの相性が悪かったり、マンネリやセックスレスになれば関係が続かないことが大半。一方で「恋人よりもSEXは気持ちいいけれど結婚したいわけではない相手」と発言する人も珍しくないです。(西郷理恵子さん)

Q 男友達と酔った勢いでSEXをしたら好きになってしまった。ここから恋愛関係になれますか?

A ないとは言い切れない。
ないとは言い切れませんが、自分から好きと伝えても付き合ってくれないのであれば、女友達とたまたまそういう関係になってしまっただけという可能性も。自分で見極めて。(松村さん)

A SEXの相性がよければ付き合える可能性も。
もともと友達だったのであれば、内面的な価値観も共有できているはず。その価値観とSEXの相性次第で恋愛に発展することは十分あると思います。彼はどう思っているのかを知るためにも何度か誘い、二人で食事などして、様子や展開を見るとよいでしょう。(西郷さん)

Q ちょっと変わった人に魅力を感じます。これではいつまでも結婚できないかも…。

A 発情と恋愛の違いを理解する必要がある。
性格や内面には尊敬や共感が少ない男性に惹かれるのは、発情の可能性あり。発情と恋愛感情は似て非なるもの。女性は愛のないSEXに否定的で、単なる性欲を恋愛に結びつけようとしがち。その結果、「突然、恋に落ちた」と勘違いします。どっちなのかを見極めて!(西郷さん)

Q 処女だと引かれてしまうでしょうか。

A 人によるけど、その事実は事前に伝えるべき。
人それぞれだと思います。それを言って引くような人は、その程度の人だと思いましょう。処女だと言わなくても、彼が初めてじゃない限りSEXをすればわかってしまうことなので、事前に伝える方がいいでしょう。(松村さん)

A 引くことはまずありません!
好きな女性が20代で処女と知る時、男性は興奮したり喜んだりすることはあっても、引くことはありません。「本当に好きな男性ができるまでSEXはしたくなかった」と、素直に言うと◎。(西郷さん)

Q 彼が私の中でイケません。私に原因があるのでしょうか。

A ありません。彼のマスターベーションに原因があるかも。
女性に原因はないです。彼の間違ったマスターベーションで、膣の中でイキにくくなっているかも。膣内射精障害が原因ということもあるので、自分のせいと深刻にならないで。(松村さん)

A 膣内射精障害かも!時間をかけて治してもらって。
彼のマスターベーションによる膣内射精障害の可能性が。強く握ったり、手以外の素材(床やストッキング等)を使っているのかも。手で射精できるよう訓練をするとよいです。(西郷さん)

ar web読者の皆さんにとって、好きな人とのSEXが
よりステキなものになるよう、願っています♡

教えてくれたのは
松村圭子さん
成城松村クリニック 院長。婦人科専門医として月経トラブル、性感染症、更年期障害などの治療のほか、女性のあらゆる不調に対応する診療を行なう。テレビや雑誌、webメディアからの取材オファーも多数。

西郷理恵子さん
東邦大学医学部医学科客員講師/ セックスカウンセラー。性の否定的なイメージから解放された文化・社会の創造を目指し、多くの人の幸せに貢献したいという思いから、11年で受けた恋愛、結婚、性に関する電話相談は2000件以上。

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP