嫉妬深いオンナにならないために必要な5つのこと 【Emiriの恋愛♡スイッチ道場】

2017年10月10日

★愛の性質を知ろう!

愛はに似ています!

 

風は自然に優しく強く流れています

 

風は目に見えないですが、風を受けた花のたなびく様は見えます

風は目に見えないですが、感じようとすれば体を包むその大きさがわかります

 

風は「こうあるべきだ!」「こうしなければならない!」と壁を作ったとき、そこで止まります

風は自分だけのものにしようと囲いを作ったとき、そこで風では無くなります

 

この様に、

愛は与えるものであり奪うものではありません!

愛は自然に生まれるものであり、無理に作ることはできないのです!

また愛は永遠に自分だけのものにすることは、出来ないのです!

 

愛の性質を知ると、自分が風を止めているのか、それとも風に身を委ね楽しんでいるのかがわかります。

 

愛は惜しまず与える人のところに好んでやってきます!

この法則を知るだけで、明日からの彼との関係はより良く変わっていくかと思います!

 

★怒りではなく寂しさを伝えよう!

あなたが嫉妬した時、どんな顔をしているでしょうか?

眉は下がり、目は小さくなり、口は固く結ばれて歯を噛みしめていないでしょうか。

 

嫉妬で起こる怒りは、必ず寂しさの進化系です!

 

嫉妬で怒りを表現してしまうと不本意にも、彼に可愛らしくないあなたを見せてしまうことになります!

 

男性が最も恐ろしく思うものの一つが、「自分が原因で怒る女性」です

 

男性に対する嫉妬怒りは、寂しさへ表現の変更ができます!

 

「なんで連絡くれなかったの!?」

「〇〇の声聞けなくて寂しかったー!」

 

「あの子にだけ優し過ぎ!」

「私も〇〇にもっと構って欲しいー!」

 

などなど!

寂しさが怒りに進化する前に、自分の気持ちをしっかり観察してみてください

 

そしてそれを、彼に伝えてみましょう!

怒るあなたより、甘えんぼで寂しがり屋なあなたの方がずっとずっと可愛いハズですよ

1

2

3

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP