セックス中、何をしてもリアクションが薄い彼。【SEX相談室】

2018年3月26日

女の子たちが抱えるセックスのお悩みについて、性の電話相談カウンセラー・西郷理恵子先生が答えてくれる連載! 誰にも言えないような些細なセックスの悩みも、先生が送るやさしいエールで解消して、「夜が待ち遠しくなる…」そんな性活を送りましょ♡♡

彼の反応がな〜い!!

セックス中の彼のリアクションが薄い」という悩みについて考えてみます。ar編集部からは、こんなお題をいただきました。

セックス後に「気持ち良かった」とは言ってくれるけれど、セックス中に舐めてみたり、いろんな前戯でも挿入中も、ほとんど声を出してくれません。本当に気持ちが良いなら反応があるのではと思って不安になってしまいます。   (さり 24歳 会社員)

 

好きな相手との愛の営みで、「相手は気持ち良いかな?」「相手も楽しんでくれてるかな?」「自分に満足してるかな?」と気になりますよね。

どうしたら確認できるのか?もし満足してなかったら どうしたら良いのか?

こういう質問、男性からの方が圧倒的に多いですが、女性としても、やはり気になるところ。

彼が自分とのセックスで気持ち良さそうな表情を明確に示し、満足してるのが確認できたら、女性としての大きな自信になりますが、そうでないと不安になりますよね。

気になりだすと 男性が女性のオーガズムを確認したがるように、「彼がちゃんと射精してるのか?確認したいけど、コンドーム付けてると、よく分からない。男性も演技することあるらしいし」と際限なく悩む女性もいます。

では、今回のさりさんのケースがどういう状況か考察してみましょう。

彼の反応が薄い3つの理由

彼がセックス中のリアクションが薄い理由には、大まかに以下3つの可能性が考えられます。

1、あまり気持ち良くない

2、気持ち良くても、どう反応して良いか分からない

3、もともと感情表現が苦手

それぞれのタイプ別で、対策をみていきましょう。

 

1、あまり気持ち良くない

あなたが一生懸命に愛撫してるやり方は、ひょっとしたら彼がしてほしいこととズレているのかもしれません。だから反応がイマイチなのかも。彼から具体的に「こんな風に愛撫して」と教わったことがないなら、上手くできなくても仕方ないです。ガッカリしないで!

「自分でする時は、どういう風に触っているの?」と、彼の気持ち良いポイントを知り、マネから始めてみては?「これで合ってる?気持ちいい?それとも、こっちの方が感じる?」と確認していこう!

 

2、気持ち良くても、どう反応して良いか分からない

電話相談の男性からこんな意見を聞いたことがあります。

「俺は女性を愛撫するのは好きだけど、自分が受け身になるのは、実は苦手。なんだか申し訳なく感じてしまう」と責められることに躊躇してしまうそうです。

また別の相談者の男性は、「男性も声を出すものなのですか?あまり意識したことないです。普段は硬派なので、感じてる声なんか出して、彼女からドン引きされたくないし、恥ずかしい。自制しています」と言っていました。

男っぽいキャラで、「ア~ン」って言いづらい。確かに、一般的なAVでは、男性が感じている姿は、女性に比べればあまり丁寧に描かれていないかもしれません。

「声を聞くと興奮するから、感じてる声を聞かせて」と言ってみてはどうでしょう? 快感を声に出して伝え合うプレイに持っていっては?

 

3、もともと感情表現が苦手

セックス以外の場面でも、喜怒哀楽などの感情表現が得意ではない控えめな男性や、無防備な自分を見せるのに抵抗があるという警戒心や理性の強い男性もいます。

そんな人でも、自分が逆の立場で、自分の愛撫で彼女が感じていることを素直に表現してくれたら、嬉しいものです。前半で述べたように、自分に自信が持つことができ、自己肯定観につながっていきます。

改めて、セックス中の会話やリアクションも、コミュニケーションの一つと知ってもらいましょう。

「私が声を出すのと黙っているのと、どっちがが好き? もし私が黙ってたら不安にならない? だから、私も『イイ!』とか『気持ちいい』って言ってもらえたら安心できてもっと気持ち良くなれそう」と話してみましょう。

セックスでは、相手が気持ち良さそうにしてる状態を見たり聞いたりするのも快感ですから、コミュニケーションを深め、お互いの快感を強めたいですね!!

 

TEXT/西郷理恵子さん

東邦大学医学部医学科客員講師。日本性機能会会員、日本性科学会会員。月100人を超える男女に恋愛や性に関する電話相談を行う。企業や地方自治体向けに研修・講演会なども実施。All About恋愛ガイド

西郷先生にお願いするなら

エキサイトお悩み電話相談室カウンセラー

恋愛ユニバーシティ電話相談カウンセラー

 

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP