【脱!マンネリデート】珍しい動物と触れ合えるお店に行ってきた 〜吉祥寺編〜

2017年2月28日

本誌ではできないことをやってみた

こんにちは。2年目のT島です。
これは決して、ヤモリを「獲って食ってやろう」と狙っている絵ではありません。むしろ“徹子さん”に次ぐ(?)動物好き。

今日はそんな私が大はしゃぎした、新たなる“珍・動物スポット”をご紹介します!! 今回のエリアは、吉祥寺。結構刺激的なので「デートがマンネリ化してきた…」って2人にもオススメ。

意外な動物が女子に大ブーム

★はちゅカフェ

みなさんは“爬虫類”(以下“はちゅうるい”)が女子の間でブームを巻き起こしていることをご存知でしょうか。


※可愛さを伝えたくてSNOWで撮影。アイフルのCMみたいなワンシーンが撮れました

実は最近“はちゅうるい女子”が増えているらしく、その火付け役は、ガッキーこと新垣結衣さんだとか。ペットにヒョウモントカゲモドキを飼っていると紹介してから真似する人が増えたそう!

 

そして今回私が見つけたお店は、そんなかわいこ“はちゅうるい”達を愛でながら、お茶できる日本有数の動物カフェ「はちゅカフェ」というお店。


※店舗からご提供いただいた写真です。

 

“はちゅうるい”初心者の2人なら、吊り橋効果で非日常なドキドキ。元々お好きな2人なら思う存分堪能しまくれるお店です。


お席代¥500+飲み物代
を払えば、普通のカフェの感覚でお喋りしながらダラダラすることができます。ガラスケースに入った子たちを見て楽しむもよし、¥500で好きな子を指名して、テーブルで触れ合うもよし。

 

ガラスケースの中には、

こんなかわいこや、(マダガスカルヒルヤモリ)

こんなひょうきん者(エボシカメレオン)が。どの子も色や柄がちょーオシャレ!


せっかくなので、触れ合ってみた

見ているだけでは居ても立ってもいられなくなり、“はちゅうるい”との触れ合いを希望。かくゆう私も、お初の触れ合いです。ドキドキ!!

先ほどお見せした写真のヒョウモントカゲモドキちょくろくんをご指名。

 

「可愛いでしょう。大人しいから怖くないですよ」と店長の平山さん。アールをお渡ししたらすごく興味深く読んでくださった上に、「高畑充希ちゃん可愛いですね!」という感想をいただきました。お好きだそうです。

 

そっ。

 

ぎゅっ。
……。

 

ほーーーー。(ドキドキドキドキ)

 

じぃーーーーー。
……。

 

だんだん慣れて来たので、仲良しの記念に自撮りをしてみた。

 

楽しそう。

 

こんな『20世紀少年』に出てきそうなトラウマ感満載のビジュアルで近づいても、全然嫌がったり暴れたりせず、とってもいい子でした。親しみやすい!!!


せっかくなので、ヘビにも挑戦してみた


テンションがアガってきたので、ヘビとの触れあいにも挑戦。

こちらのポール・パイソンは、その名もどろんじょ様。名前を聞いたそばから、どんな風に締め付けられるのか…と少しひるむT島。

 

ぬ…。(脈拍MAX)

 

でも、やっぱり首に巻きたい。

 

巻けたーーーーーー!!!

意外と怖くありませんでした。そしてちょー美肌。全くヌメヌメしてなくて、すごくしっとり質のよいお肌でした。力はちょっと強いけどww。でもすごく可愛い!

 

ちなみにこちらのどろんじょ様、お食事は週に1度との小食さん。冷凍のネズミちゃんをぺろりと丸呑みにされるそう。そう聞いたら散歩もないし、比較的飼いやすい動物かも!という印象を受けました。

 

ちなみに、「ヘビってうんちはどこから出るの?」「どう処理すればいいの?」という素朴な疑問も聞いてみたのですが、写真の位置(小さな穴)からうさぎのフンみたいなコロコロしたものが排泄されると聞きました。ペット初心者でも簡単にお世話できそう!!

 

まとめ
今回は触れあいはしなかったけど、その他にもオススメの“はちゅうるい”がたくさんいました。どの子も人に慣れてるから、安心して見たり触れ合ったりすることができます。

スタッフさんもすごく素敵な方たちだったので、“はちゅうるい”小話なんかを聞くのも楽しいかも。

吉祥寺に訪れた際は、ぜひ“はちゅカフェ”に挑戦してみてください!!!

 

★はちゅカフェ

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-6-3
営業時間:12:00〜20:00(休業日はHPにて)
☎︎0422-27-6798
turboreptiles.co.jp/

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP