モテるよ“ゴルフ女子” ~ポイントレッスン(グリップ編、アドレス編)~

2017年3月9日

ゴルフを始めたからには、目指すはコースデビュー。その時にボールを前に運べるように、最低限のポイントを抑えたレッスンを、4回に分けてUPします!

挑戦してくれたのは…

ar girl 青木夏乃さん

 

「いただいたクラブセットが家にあるのですが、なかなか機会がなくて困っていたら、レッスン体験の話が来たので即OK。これをきっかけにゴルフを始めようと思います!」

グリップ編

クラブを使いこなすには、グリップ(握り方)が最初の重要課題。正しく握れていないとボールがまっすぐに飛ばないので、心して取り組んで。

左手の親指をクラブの真ん中より気持ち右側に置き、クラブと握手するように軽く握ります。親指と人差し指の間はくっつけて、その股のラインの延長線上に自分の右肩がある感じ。

右手の小指を左人差し指にかけ、右の手のひらで左の親指を包み込むように持つ。右手の人差し指はピストルの引き金を引くように添えて。

コーチのお手本!

アドレス編

グリップを習得したら次はアドレス(構え方)を学ぶ。クラブによって調整は必要だけど、基本のアドレスはこれ!

まっすぐに立つ気をつけの姿勢をとってから両足を肩幅くらいに開き、腰骨の下に両手を当てて、そのまま股関節から上半身を折って前傾。

「股関節にクラブを当てると上半身を折る位置が意識できて、正しい姿勢を取りやすいですよ。尾てい骨が釣られているイメージで前傾」(小菅コーチ)

腰の高さをキープしたまま軽く膝を曲げ、両腕を肩の下にだらんと垂らす。

「背中はまっすぐのまま、股関節から前傾しましょう。背中を丸めてしまうと、身体全体を使っての回転がしづらく、手打ちになってしまいます」(小菅コーチ)

つま先は少し開いて、ボールが両足の真ん中に来るように構える。グリップ編の通りにクラブを握って、クラブのフェイスが地面に垂直にピタッと着くように置く。

これで構えは完了!
次回もお楽しみに。

教えてくれたのは…
Samantha Thavasa ゴルフアカデミー
ティーチングプロ 小菅隆志さん

サマンサ タバサ ゴルフアカデミーのヘッドコーチとして初心者からプロまで幅広い層に指導。
月会費¥15,000(レディース会員・入会金¥10,000)でレッスン受け放題、
3か月12回の土日限定レッスンでラウンドデビューを目指すコースなどがある。
www.samantha.co.jp/special/2012/stga

 

Photo:Oka Chisato

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP