一瞬で終わらない恋がしたい。信頼感を育てるために女子がすべきこと

2016年4月19日

01

男性にとって、長く愛せる女性とそうじゃない女性の決定的な違いはなんだと思いますか? もちろん男性のタイプによっていろいろな答えがありますが、多くの男性が見ているのは「人として信頼できるか、できないか」という部分。

気まぐれで彼を振り回してばかりの女性は、たしかに追いかけたくなる魅力があるけど、男性関係に奔放だったり、生活がだらしなかったりと気まぐれが悪い方向に出てしまうと一気に男性に不信感を持たれてしまいます。

長く愛されるためには、一瞬のドキドキ感やときめきを演出するのではなく、いつまでも2人でいたいと思わせるような穏やかな空気を作るのがベター。そこで必要になるのが彼に「信頼感」を持ってもらうこと。

じゃあ、具体的にどんなふうに行動すれば彼との間に信頼感を育てることができるの?

 

信頼されるってどういうこと?

02

「信頼される」ということはつまり、彼を不必要に不安にさせない、心配させない、ということ。付き合って安定している二人の関係にムダな駆け引きは必要ないんです。もちろん、彼をもっとドキドキさせるためにいろいろ工夫するのは大切。

でも、無理にヤキモチをやかせようとして他の男子に近づいてみたり、彼に対してわざと冷たくしたりするのはやめて! うわべだけの駆け引きをすると彼はあなたとの関係が不安になり、あなたのことを信頼できなくなってしまいます。

信頼されていれば、あなたが男友達と多少仲良くしていても、自分の好きな趣味に没頭していても、彼は安心して好きなようにさせてくれます。少しでも信頼が足りないと、いちいち行動を把握したがったり色々質問してきたりと「束縛」が始まってしまう可能性大! そうなると、お互いにストレスを感じて最悪です。

 

デートのときに気をつけるコト

03

信頼を得るためには、小さなことの積み重ねが大切。

まずはデートでのふるまいを見直してみましょ。付き合って長い二人だと“なぁなぁ”になってしまったりもするけど、デートのドタキャンをしない、時間に遅刻しない、というのは当たり前すぎる基本のルール!

少しでも待ち合わせに遅れるときは、面倒でも電話やLINEで連絡を入れること。ついファッションやメイクの準備に時間をかけて気づいたら待ち合わせ時間……なんてこともあるけど、たった5分、10分だからと毎回平気な顔で遅刻していませんか? 優しい彼に毎回甘えていると、知らず知らずのうちに彼のあなたに対する信頼が少しずつなくなっていってしまいますよ。

どうにもならない事情でドタキャンすることになったら、きちんと理由を説明し、後日埋め合わせの機会を自分から作ることを忘れないことが大切です。

 

小さな約束でも破らない

04

彼との仲を安定させたいなら、デートの約束以外でもちょっとした約束を守ることを心がけて。

例えば、なにげない会話の中で彼が「手作りのケーキが食べたいな」と言って、「いいよ、今度作ってあげる」と答えたら、その約束は必ず実行してください。

彼が覚えているかどうかわからなくても「約束をしたら守る」という行動を繰り返すことが効果的なんです。忘れたころに「あのとき話していた〇〇だよ」と話を持ち出せば、彼は驚くと同時にとてもうれしい気持ちになるはず。「この子には誠実に接しなければ」という思いが強くなり、お互いの信頼感が増しますよ。

 

彼を心配させない

05

また、親しい男友達がいる人は彼に必ずその人の存在を教えてあげて。

「彼を心配させてしまうかもしれないから」と隠すようなことをすると、あとで発覚したときに彼があらぬ疑いをかけてしまうこと必至。

彼が疑い深いタイプなら、共通の友達を巻き込んでみんなで集まるなど、一度さりげなく顔を合わせる場を作るのも手。やましいことはなにもないよ、と彼にあなたからアピールしておくことがポイントです。

彼以外の人とどこかへ行ったり食事をしたりするときも同じ。細かすぎなくてもいいですが、どんなつながりの友達と集まったのか、どんな話題で盛り上がったのか、などを2人の会話に織り交ぜれば、彼の心配の種も確実に減ります。

ポイントはわざわざ「報告」というカタチにせず、話題のひとつとして普段の2人の会話のなかに自分の他のコミュニティーの話を出すこと。自然とお互いの人間関係を把握できれば、ムダな勘ぐりや束縛がない、信頼しあうカップルになれるはず。

 

彼にきちんと彼女として信頼してもらうためには、「私のことを信じて」なんて言葉だけではダメ。口先だけで「好き」と言っていても行動が彼を不安にさせるものだったら、不安やイライラが募って彼の気持ちが離れていってしまうかも。デートや二人の会話の中で少しずつ信頼感を育てて、彼にとってもあなたにとってもベストな関係を目指しましょ!

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP