4つの「ごちそうさま」で大事な彼にひとりモテ

2016年4月14日

01

彼と近い距離でゆっくりお話ができる食事デートは、すごく幸せな時間でもあり、彼の好感度を上げるチャンス! 大好きな彼に一緒にいて楽しいな、また会いたいなと思ってもらえる、“かわいくbutきちんと”ガールのマナーを実践しよう~!

 

「喜び」を言葉で伝える

02

まず、好きな男性や、彼と一緒に食事をするときは、そのお店や料理をホメてあげよう!

「前から気になっていたお店だったから、来られて嬉しい♪」「ここのお料理、とってもおいしい!」など、ちょっとオーバーかな? と思ってしまうくらいで大丈夫。彼があなたのことを考えて、予約してくれたお店や選んでくれたメニューなら、その行為にも感謝して想いを伝えてあげよう♪ 彼が、ニコニコと嬉しそうに食事をするあなたの姿を見たら、お料理も雰囲気もさらに満喫できちゃうよね!

 

「ごちそうさま」は4

03

楽しい食事を終えた後、席を立つ前に「ごちそうさま」が言える女の子は、きちんとガール! もちろん「いただきます」も忘れずにね♪

彼が、テーブルチェックや、レジでお会計を済ませてくれたら、そのときも2回目の「ごちそうさま」を伝えよう。そして、お店を出るときに、店員さんにも3回目の「ごちそうさま」を忘れずに伝えましょうね。店員さんにも礼儀正しく接することで彼の中での好感度がさらにアップします。

でも、これで終えてしまったらダメ! それでは詰めが甘いです。

ここで終えてしまう人もいるかもしれないけど……最後に、その日別れるときにも「今日はごちそうさまでした」と感謝の気持ちを伝えよう!

計4回、きちんと「ごちそうさま」を伝えれば、彼も「ごちそうしてよかったな」「きちんとお礼ができる子なんだな」と印象もアップ! かわいいだけじゃないって大切だよね!

 

お礼が言える女の子って?

04

「きちんとお礼が言えること」は、長く付き合いを続けたいな、また会いたいなと思ってもらえるために大切なポイント。

何かとレディーファーストで、女性にしてあげることの多い男性からすると、自分の行為に対して、「やってもらって当たり前」という態度をとる女性は絶対にNG。

「ありがとう」や「うれしい!」気持ちを伝えてもらえると、自分もハッピーな気持ちになるし、「おいしい♪」と食事を楽しんでくれる姿をみると来てよかったなという気持ちになるよね。

オーバーかな? 媚びてるみたい? なんて考えずに、細かい気遣いに感謝ができて、素直に感謝の気持ちを伝えられる、また会いたくなる女の子を目指そうっ!

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP