愛されたいなら、まず愛することから。「大好き」がちゃんと言える女の子が幸せを掴む!

2016年4月8日

01

「彼にもっと愛されたい!」
大好きな彼がいる女の子なら、そう思うのは当然のこと。
それは、長年付き合っているカップルでも、付き合いだしたばかりのカップルでも同じですよね。
もし「愛されている」という実感がなかったら、お互いの想いにすれ違いが生まれるだけでなく、常に可愛くいたい!というポジティブな気持ちや、女としてのミリョクも薄れていくもの。

でも、自分から何も努力せずに彼から愛される・・・なんて思っていませんか?
今よりもっと彼に愛されるために大切な3つのこと、今日から実践してみて♪

 

①愛される前に、自分から愛する

02

愛されるためにまず大事なこと。それは、彼を愛すること。
告白をしたとき、一度きり「好き」という気持ちを伝えるだけではダメ。
それでは彼の中で、愛され続けていることにはならないのです。
彼に「自分は愛されているんだ」という自覚を持ってもらうために、まずは自分から愛のコトバを伝えてみて。
目を見てニッコリ笑って、「大好きだよ!」と彼に言ったり、恥ずかしいときは手紙で伝えたり。
「言わなくてもきっと伝わっている」と思い込みは捨てて、自分の気持ちをスナオに伝えることが大切です。
大好きな彼女にそんなことを言われて、喜ばない男性なんていないはず。

 

②彼の好きなところを伝えよう

03

愛情を伝える言葉は、ストレートなものだけとはかぎりません。
たとえば、彼がプレゼントをしてくれたとき、うれしい気持ちを表現するなら、「ありがとう」と一緒に次のような言葉をプラスしてみて!
「私のことを誰よりも分かっていてくれる、そんなところが大好き!」と言ったり、彼の長所や特技を見たときは「そういうところがかっこいい!私の自慢のカレだよ」と伝えたり。
自分が惹かれている彼の良いところを具体的に言葉にしてみましょう。
そうすることで、普段の愛の言葉にも真実味と説得力が増し、彼の「自分は愛されているんだ」という自覚が強まるはず

 

③日常に小さなサプライズを

04

サプライズは、男性から女性にするもの……と思っていませんか?
彼女から仕掛けるサプライズは、彼にもっと愛されるためにとっても効果的。
彼は、予想もしないサプライズに、「そんなことが出来る一面があったんだ」と好奇心に駆られ、「もっと彼女を追いかけたい」と思うのです。
サプライズといっても大掛かりなコトをする必要はありません。
早起きしてお弁当を作ってみる、なんでもない日に彼が欲しがっていたモノをプレゼントする、デートプランを考えてみる、手紙を送る……。
そんな小さなスパイスが、二人の愛をもっと深めるのです。

 

彼は、「自分は彼女に深く愛されている」という自信がつけば、自分のその気持ちに応えようと必ずしてくれます。
「愛されるばかりではダメだ、自分もこの気持ちをお返ししなくては」と、今まで愛情表現をあまりしてくれなかった彼もきっと考えを新たにしてくれるはずです。
愛されたいのなら、まず愛すこと。
そして、それを言葉で伝えることは、二人の関係を長く続けるために一番必要なことと言っていいでしょう。
彼の愛情をもっと感じたいと望んでいる人は、まず、自分の気持ちを彼に伝えるところから始めてみてくださいね!

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP