モテるよ“ゴルフ女子” ~ポイントレッスン(パター、アプローチ編)~

2017年3月30日

ゴルフを始めたからには、目指すはコースデビュー。その時にボールを前に運べるように、最低限のポイントを抑えたレッスンを、4回に分けてUP。

パター編

長い距離のドライバーも短い距離のパターも、スコアは同じ一打。ホールにボールを入れるパターが上手になるとスコアがぐぐ~~んとアップ!

「まずは左手、次に右手の親指をグリップの平らな部分に置いて握る。右手を左手に少し重ねて、上から包むように。打った瞬間も手首が曲がらないようにしっかり固定。脇も締める」(小菅コーチ)

 

コーチのお手本

両足が平行になるように肩幅くらいに開いて、パターを吊るすように持ち、ボールを真上から見下ろせる位置に構える。「腕の延長線にクラブがある感覚で握る」(小菅コーチ)。

ひじは軽く曲げてリラックス。肩と両腕で描く五角形をキープし、手首も固定してクラブを引く。

引いた距離と同じ分だけクラブを振る。腕とクラブを一体化して左右対称に。

 

コーチのお手本!

「コツは手首の固定。肩と腕を結ぶ五角形をキープしたまま、ボールに当てばOK。パターは、振り幅で距離をコントロールします。振り幅が広ければ遠くに、狭ければ近くにボールは進む。目標の位置にボールを届けられるようになると、一気にゴルフが楽しくなります。ボールと一緒に顔も上半身も動かしてしまう人がいますが、それはNG。手首も固定して、腕とパターを一体化させ、左右対称に振る!」(小菅コーチ)

アプローチ編

グリーンの近くまでボールを運んだら次は、グリーンに乗せるアプローチショット。クラブは、短めで先端のフェイスが上向きの“ピッチング”を使用。

基本動作はアイアンと一緒。足幅は狭くし、短めにクラブを握り、上体はクラブが短い分、前傾する。ボールは両足の真ん中にセット。

体重はやや左にかけ、打つ瞬間は左重心に。背中はまっすぐ、腰の高さもキープして。

背中を軸に振り子のように左右対称に振る。振り幅でボールの距離を調整。

 

コーチのお手本!

「パター同様、パワーやスピードではなく、振り幅でボールを運ぶ距離を調整するアプローチ。上向きのフェイスで打つので、ボールは高く上がります。力がいらないので、女性でアプローチが得意な人は多いかもしれません」(小菅コーチ)

 

レッスンを受けたのは…

ar girl 青木夏乃さん

 

「レッスンを受けることで、コースデビューへの道が見えました。アイアン、ドライバー、パター、アプローチの練習、頑張ります!」

 

教えてくれたのは…

Samantha Thavasa ゴルフアカデミー

ティーチングプロ 小菅隆志さん

 

サマンサ タバサ ゴルフアカデミーのヘッドコーチとして初心者からプロまで幅広い層に指導。

月会費¥15,000(レディース会員・入会金¥10,000)でレッスン受け放題、3か月12回の土日限定レッスンでラウンドデビューを目指すコースなどがある。

www.samantha.co.jp/special/2012/stga

 

Photo:Oka Chisato

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP