モテの極み!バチェラー・ジャパンに出演中の久保裕丈が気になりすぎる[動画アリ]

2017年4月6日

「バチェラー・ジャパン」って知ってますか?

「世界一の恋愛番組」とも呼ばれ、素敵な独身男性=バチェラーをめぐって

女性25人がすさまじいバトルを繰り広げる恋愛ドキュメンタリー番組。

「CMで見た事ある!」って人も多いのでは?

「なんかイロモノ番組なのでは…」と思うなかれ。

25人の女性が本気で恋愛する姿にはハラハラさせられっぱなしだし、

バチェラーと距離を縮める瞬間は思わずキュンキュンしてしまうのです。

 

そんな『バチェラー・ジャパン』。見続けて行くうちに

どんどんバチェラーである久保裕丈さんに惹かれていく我々がいまして・・・。

「いったい全体、どうしてこんなイケメンが生まれてきたのか」

「さぞモテ人生を送ってきたに違いない!」

そんな疑問を抑えきれなくなった編集部が直接久保裕丈さんに会いに行きました!

久保裕丈さんっていったいどんな人なの?

-まず、「バチェラー」になったきっかけは?

ある日突然知り合い経由で連絡が来たんです。(編集部注:どうやらとんでもないイケメンがいると噂を聞きつけたAmazonさんがオファーしたらしいです)。出演はすごく悩んだのですが…思いきって決めてよかったです。

 

-やはり迷われたのですね。

内容が内容なので、もちろん批判もあるだろうなとは思いましたが、こんなに多くの人に注目していただける機会はないと思い、出演を決めました。

 

-出る前と出た後、変わりました?

意外と変わらずで、ふっつーの汚い居酒屋で男同士でガヤガヤ飲んだりしてます(笑)。

昨日も日本酒を飲みすぎて転んじゃいました…(笑)。

(とクシャッとした笑顔を見せる。これがバチェラースマイルか!)

-イケメン、高学歴、そしてお金持ち…
久保さん、昔っからモテモテでしたよね?

「残念ながらモテ期がそんななくてですね…中高は男子校だったので女性と話す機会がなく、大学では好きな女の子になかなか振り向いてもらえず…社会人になってからでしょうか。多少、いいなって思う女性とお付き合いできるようになったのは。」

 

-えー!意外!!

「大学の時は女性に慣れてなかったので、いいなって思う女性にも全然アプローチできなかったです。
メール何打とう、みたいな…」

 

-バチェラーにもそんな時代があったとは…
でも番組で女性たちが泣いたり責めたりしてもすべて優しく応えていらっしゃって…
とても女性の扱いが上手に見えました。

「これは会社を経営していた時の経験が役立ってます。女性の多い会社だったのですが、
最初は全然自分の考えをわかってもらえず…こんなに言ってるのにどうしてだ!って。

でも、ある時”自分の考えを一方的に押し付けてるからだ、まずは彼女たちのことを受け止めて理解しよう”
って思うようになったんです。それからは、相手の言う事を一回すべて受け止めるようになりました。」

 

-まるで経営学を聞いているようです(笑)。

「小学生くらいまでは結構やんちゃだったのですが、大学生の時にサークルの代表をやったり、
会社を経営したりしてきた経験の中で、色んな挫折体験が今の僕を作っているのかもしれません。」

 

-すごい真摯な回答。今回の出演で、女性を見るポイントも変わりました?

「今までって正直、先のことまで考えなかったというか。
”きれいだな”とか”楽しいな”でお付き合いを決めていたのですが、今回初めて結婚できる女性、という観点で女性と接するうちに、自分でも思いも寄らない人に心を惹かれたりしました」

 

-イケメンで人間もできていて…完璧に見えますが…弱点は?

「すぐおなかを壊しちゃうところですかね(笑)」

↑またもバチェラースマイル

 

話せば話すほどバチェラーの真摯な対応に心惹かれてしまう。
そこで、調子に乗って編集部、とっておきのアレ、お願いしちゃいました!
番組中に必ず出てくるあの名せりふをどうぞ♡

 

大人な対応の中で時折見せる少年っぽさ。

うーん。弱点が見当たらない。

いったいこんな完璧な人を落とすのはどんな人なのでしょうか…

ということで次回は久保さんに

本当にモテる女性とは!?

をレクチャーしてもらうことにしました。

 

後半戦に突入し、さらに見逃せなくなった「バチェラー・ジャパン」。

久保さんいわく「こっからがさらにすごくなる!」んだとか!

ハラハラキュンキュンの連続、お見逃しなく~!

 

バチェラー・ジャパン

Amazon プライム・ビデオにて

毎週金曜配信/全12回

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP