グレーゾーンの恋愛から見える彼の本当の気持ちって?【DJあおい】

2017年4月28日

彼氏ではないけど、身体の関係はある・・・。そんなグレーゾーンの男性との付き合いに悩んでいる人いませんか?そんな男女関係について、Twitterで大人気の謎の主婦・DJあおい(@djaoi)が優しく厳しく教えてくれます。

〇次回【彼の浮気が発覚した時にするべきたった1つのこと】
〇前回【モテることより女性を美しくしてくれる恋って?】
〇これまでの記事はコチラ

女を抱きたくて付き合うのが男であり、男と付き合いたくて抱かれるのが女であり、
男にとって付き合うことは女のためで、女にとって抱かれるのは男のためで、
お互いにお互いを思い合ってそれらは融合するものであり、
身体の関係はあるけど付き合うことをしない男は、付き合っているけどヤらせない女に等しいものなんですよ。
それはどちらも自分本位な気持ちでしかないということです。

 

 

身体の関係は求めるくせに付き合うまでに至らない男のズルいところって、『付き合う』というフレーズが出ると途端に『いい加減な気持ちで付き合いたくない』とか『まだ君を幸せにしてやれる自信がない』とか、誠実なフリをして逃げる手口を使ったりするんですけどね。

いい加減な気持ちで付き合いたくないのなら、身体の関係を求めないのが誠実な気持ちなんです。幸せにしてやれる自信がないのなら指一本触れないのが誠実な気持ちなんですよ。

やることはしっかりやっておいてどの口がそんなことを言うんだってこと。
そんな言葉にコロッと騙される女も女ですが、恥ずかしげもなく誠実なフリをする男も男。
言葉は嘘をつきますが行動で嘘をつける人はいません。
身体の関係はあるけど付き合うまでに至らない男はその行動の通り、ヤりたいだけで付き合うのは嫌だと言っているんですよ。

 

 

誠実な気持ちというのはめんどくさいくらいに順序にこだわるものです。
それは相手に余計な不安を与えないため。

だから誠実な人というのは、その人が好きなら好きなほど、融通が利かないほどに順序にこだわるんです。
付き合いもしないで身体の関係を持ってしまったら、『もしかして遊ばれているんじゃないか、もしかして都合よく使われているんじゃないか』という不安が生じますよね。

その不安を与えてしまうことが何よりも許せないのが誠実な気持ちなんですよ。
いかに相手に安心を供給できるのか、それが誠実な気持ちであり『愛する』ということ。
順序を守らない男はその人に捧げる愛情よりも自分の欲望の方が大きいんです。

仮に付き合ったとしても自分の欲望を優先する人はあらゆる場面で自制が効かなくなりますからね。
付き合う前に手を出す男は後に浮気をしたりするケースが多いので不良物件なんですよ。

 

 

たまに『付き合う意味がわからない、そんな契約しなくてもお互いが好きならいいじゃないか』という人もいるのですけども、
意味なんて最初からそこに用意されているものではないんですよね。

意味はこれから二人で築いていくもの、二人でその意味を築いていきたいから『付き合う』という責任を背負うわけです。
意味は付き合った結果に生じるものですからね、付き合いもしないで意味がわからないなんて当たり前なこと言って逃げてんじゃねえよってことです。

 

 

グレーゾーンに甘んじている関係に誠実な気持ちなんてありませんよ。
それは最も相手を不安にさせてしまう関係ですからね。

いい恋愛というものは常にホワイトゾーン、不安を払拭するために愛情はあるもの。
あなたを愛している人は『付き合う』という責任を背負ってあなたを抱くでしょう。

 

 

TEXT/DJあおい(@djaoi)
ツイッターで独自の恋愛観を語る謎の主婦。
公式ブログ『DJあおいのお手をはいしゃく』はコチラ

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP