モテるよ“ゴルフ女子”~初心者のためのゴルフ用語集【さ行】【た行】~

2017年5月25日

コースに出ると、「パー5」とか「フックした」とか知らない単語をたくさん耳にするはず。

そこで、初心者のためのゴルフ用語集を4回に分けてアップする第2弾!

【さ行】

暫定球

打ったボールがOBなどで紛失の可能性が高い場合、念のため打つボールのこと。宣言してから打つのがルールで、OBやロストボールが確定したら、その暫定球からゲームを続ける。

芝目

芝の生えている方向。打つ方向と同じだと「巡目」、流れに逆らうと「逆目」。パターの時に芝目を読めると、上級者な印象になれる!

シャフト

クラブの柄。レディスの用クラブは、しなる柔らかい素材で飛距離を伸ばす造りが多い。

ショートホール/ミドルホール/ロングホール

パー3のホール、つまり3打でホールアウト(終了)することを目指す距離が短いホールはショートホールで、一般的には229m以下。パー4がミドルホール、パー5がロングホール。

スコアカード

それぞれのホールが何打で入ったかと、その総打数(グロススコア)を記録するカード。アマチュアのコンペではハンディキャップを引いた打数(ネットスコア)を競うことも。

スライス/フック

打球が意図せず、右に曲がって飛んでしまうこと(右利きの場合)。ちなみに左に曲がってしまった場合は「フック」という。

スループレー

ハーフラウンド(9ホール)した後のランチ休憩を入れず、そのまま後半の9ホールも続けるスタイル。時間を有効に使えると最近人気。

セルフプレー

キャディさんを連れずにラウンドする=ゴルファーだけでプレーを進めるスタイル。キャディ料金が不要なぶん、安くラウンドできる。

【た行】

ダフる/トップする

ボールの手前の芝や砂をたたいてうまく飛ばない失敗。逆に打つ位置が高すぎてボールの芯ではなく上部をたたくことは「トップする」。

チョロ

思いっきり振ったのにボールがほんの少ししか飛ばない、残念すぎるミスショットのこと。

ティーショット

ティーグラウンドと呼ばれる各ホールのスタート地点で打つ1打目。ティーアップして(ボールをティーで浮かせて)打ちやすくできるのはこの1打目のみ。

テンプラ

ティーショットでボールが上がりすぎて距離が伸びないミスショット。ティーアップが高すぎるとテンプラになりがちだから注意!

ドロップ

ウォーターハザードなどプレーに適さない場所にボールが行った場合、拾い上げた位置よりホールに遠い位置にボールを落とすこと。

 

次回は、【な行】【は行】をお送りします。

 

Illustration:Oomae Megumi

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP