ぷるツヤなRMKの看板LIP!気になる新色とアノ色を紗英がお試し

2017年11月22日

おしゃれLOVE、メイクもLOVEな村瀬紗英が、
雌ガールに欠かせないコスメブランドのアイテムをぎゅぎゅっとお試しする新連載!

前回に引き続き、RMKのコスメを大解剖☆

RMKってどんなブランド?
ar web読者のスキなブランドNo.1☆洗練された色づかいや質感で、ヌケ感メイクにお役立ちのアイテムがいっぱい。
「使いやすくて可愛い色が揃ったブランドです。コスメで何を買うか迷ったらRMKを買えば間違いない!と言えるほど♡」(ヘアメイク・鈴木海希子さん)
「白やペールトーンの服の日のメイクにぴったり! ニュアンシーでヌケ感が出ます」(スタイリスト・藤井晶子さん)
と、arスタッフさんたちも御用達。

おフェロメイクの常連リップをお試し!

今回紗英が試したのは、スタイリッシュな見た目もラブ♡なこちらのリップ。

RMK リップジェリーグロス 各¥2,200
※11は発売中、それ以外は12/1発売

口コミサイトで「ツヤが最高♡」「ぷっくり仕上がる」と高評価。arの誌面でも常連のアイテムで、


↑ar11月号「未央奈のうさぎ&猫メイク」にも登場!

気になる発色は?

12/1発売の新色4色と、既存色(ブ、ブルー⁉︎)の発色はこんな感じ!

「シアーな発色が特徴で、透けるようなニュアンスが抜け感メイクにぴったりです」(ヘアメイク・鈴木海希子さん)

ブラシ部分はプレーンなスプーン状。ムラなくしっかり塗布できます。

さっそくお試し

まずはデイリー使いの本命、13を単色で唇にオン。

「赤が強すぎず、透き通る発色。ツヤの効果で、唇全体がぷっくり見えますね♡」(紗英)

「この1本で色もツヤも両方出せるので、厚塗り感がなくてこなれた印象になれます」(ヘアメイク・鈴木海希子さん)

続いては気になるブルーの11を単色で。

「ブルーというより、青みっぽい透明って感じ! キラキラでアガりますね〜〜♪」(紗英)

重ね塗りですっごく使えるアイテムですね。ラメがほのかに青みを帯びているので、赤みっぽいリップに重ねると中和されて、一気にあか抜けた色味になります」(ヘアメイク・鈴木海希子さん)

重ね塗りで最旬リップに♡

というわけで、さっそく重ね塗りにトライ。11と13の2色を重ねると …

おナマな今っぽリップが完成♡
ここでヘアメイクさん直伝・抜け感を出す塗り方講座

「11のブルーは、上下の唇の中央のみにのせて、指で全体に広げるのがコツです。そのくらいでもラメ感とツヤは充分ですし、素の唇を覆いきらないシアー感がイマっぽい!」(ヘアメイク・鈴木海希子さん)

こっくりメイクがトレンドの冬こそ、唇にヌケ感をつくっておしゃ顔になるべし♡

次回は同じくRMKのアイブロウをお試し。気になったアイテムは、ぜひあなたのポーチのスタメンに投入して♪

Model:Murase Sae Photo:Matsumoto Yutaka Hair Makeup:Suzuki Mikiko

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP