• ar web トップ
  • メイク
  • 【地味イベにモテはあり】本当に起こるリアルな冬イベントでモテるメイク

【地味イベにモテはあり】本当に起こるリアルな冬イベントでモテるメイク

2017年12月1日

そのイベント、本当に起こる?


この時期、美容系メディアを賑わすイベント別メイクの記事。「クリスマスパーティに行くなら…」なんて設定も多いけど、巨大な窓から見える夜景をバックにシャンパングラスを傾ける…そんなおシャンなパーティ 行く予定が無いよ!! って子も、実は少なくないはず。そこで、今回のイベント別メイクでは

ガチで発生しそうな地味イベント

のシチュエーションにぴったりなメイクをご紹介します♡

地味イベその1 会社の納会

仕事納めの日にやってくるイベント…それが、納会。蛍光灯瞬く会議室に、ちょっとした出前のお寿司とかビールが置いてあって、偉いおじ様達が待ち構えてる例のアレ。
明日からお休み! 一刻も早く帰りたい! 高まる気持ち抑えて、1年の最後の業務をNOTお疲れ顔で乗りきろう。



a: ジルスチュアートリボンクチュールアイズ 03 vintage satin ¥5,000(税抜)
b: ケイト CCリップ&チーククリーム 02 CLASSYPINK ¥700(税抜/編集部調)
c: イヴ・サンローラン・ボーテ ルージュ ヴォリュプテ シャイン 6 ピンクインディヴォーション ¥4,100(税抜)
d: ナーズ ライトリフティングセッティングパウダーブレストN ¥4,700(税抜)


HOW TO
aを使ったブラウンのグラデーションアイメイクにピンクのチーク&リップで華やかさをプラス!蛍光灯の下でも顔色が悪く見えないように、bのようなクリームタイプのチークを使うのがポイント。cはリップクリームで唇を整えた後、均一に直塗り。お肌にも透明感&ツヤがでるようにdのブレストパウダーをファンデの上からオン。

\部長〜♡今年もお世話になりました〜!/

地味イベその2 地元の忘年会

中学の友達から忘年会のお誘い!! 同窓会も兼ねて地元の居酒屋に大人数で集まるとか。「え!?サッカー部のキャプテンだった彼も来るって!? それは絶対行くしかない! (綺麗になったねって言われたいな〜)」久々の再会には、親しみやすいけどパッと目を引く、そんなメイクで挑んで♡



e: エチュードハウス ブレンド フォー アイズ 2 orange party ¥1,350(税抜)
f: キャンメイク ジュエリーシャドウベール 01 イノセントクリスタル ¥600(税抜)
g: アディクション チークポリッシュ 04 Revenge ¥2,800(税抜)
h: イヴ・サンローラン・ボーテ ヴォリュプテ ティントインオイル 15 レッドマイリップス ¥3,800(税抜)


HOW TO
地元の飲み会には、セミマット仕上げのふんわり女子で攻め♡
gのリキッドタイプのチークを目の下の高い位置から顔の内側に向けてポンポンとなじませ“ほろ酔い風”に。場が盛り上がってきたら、化粧直しタイムにこっそりチークを足しても◎ アイメイクは、eでグラデーションを作り、fを涙袋全体にのせてうるみeyeに。リップはhのグロスで色味だけプラス。ヘアはふわっと巻いて。

\あの頃、君に片思い、してたんだよ…♡/

地味イベその3 自宅で鍋パーティー

寒い時期、話題にのぼりやすい鍋パ。水炊き?キムチ?はたまた、闇鍋…? 毎日でも食べたいお鍋は冬の地味アミューズメント♡ 家にワイワイ集まれば、リラックスした空間で恋も生まれやすいかも…? ヘアはざっくりまとめて、メイクもナチュラルな美を演出するのが正解♡



i: RMK スーパーベーシック リクイドコンシーラー 03 ¥3,500(税抜)
j: アナ スイ リップスティック F602 ブライトマリーゴールド ¥2,800(税抜) ◆2018/1/10発売予定
k: RMK インジーニアス パウダーチークス 13ブライトオレンジ ¥3,000(税抜)
l: THREE アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー(トランスルーセント)02 ¥5,000(税抜)


HOW TO
お家で鍋パのメイクはもちろん“すっぴん風”一択。iのオレンジっぽい色のリキッドコンシーラーで赤みや気になる部分をカバーし、lのパウダーでほんのり柔らか仕上げに。kのチークは頬の高い位置にブラシでサッとのせる。家なのにツヤツヤした質感はミスマッチなので、リップj もポンポンと叩くようにして薄目に。まつげをちゃんとあげておくと華やか!

\美味しそうー! いただきま〜す♡(ムムッ?彼の視線を感じるゾ!)/

日常を制するものがひとりモテを制す♡

 

model:Takeuchi Ayaka
hair&make:Suzuki Mikiko
photo:Matsumoto Yutaka
text:Yanagihara Masaki

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP