【いぬメイク】2018年戌年♡愛されワンコフェイスのつくりかた

2018年1月5日

2018年は戌年! ラッキーアニマルはぜったい、ぜったい、犬!
ってことで、ワンちゃんフェイスをメイクで表現♡

ar girl 水村里奈ちゃんと石川瑠利子ちゃんが シバ、ゴールデンレトリバー、ポメラニアンの3匹に変身♪

元気っ子♡シバ

HAPPYオーラとクールな切れ長アイが魅力柴犬はオレンジカラーのメイクで元気さを演出。リップは透け感のある赤。

USE It

a: ヴィセアヴァン シングル アイカラー 029 ¥¥800(税抜/編集部調)
b: rms beauty リップシャイン コンテント ¥3,400(税抜)
c: シュウウエムラ グローオン CM551 ¥2,500(税抜) ※ケース別売
d: ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウマスカラ BR-4 ¥840(税抜/編集部調)
e: キャンメイク フレアリングカールマスカラ ボリュームプラス ¥650(税抜)
f: ラブコーション リキッドアイライナー 02グレーブラウン ¥1200(税抜/編集部調)

HOW TO
aのアイシャドウをアイホールより少し広め、横長を意識して上下のまぶたにオン。eのマスカラとfのアイラインは目尻にのみ入れて、シバっぽい切れ長アイに♡cのチークはブラシで頬の高い位置に入れる。dの眉マスカラは上下に動かすように塗って、あえて眉毛をボサボサ風に仕上げるのがポイント。リップはbを指にとり唇の中心からポンポンとつけてまだらになるように。

私を守って? ポメラニアン

ふわふわでうるうる♡小悪魔的可愛さのポメラニアンは、キラキラシャドウのうるみアイと透け感のあるピンクのチーク&リップで♪

USE It

g: ヴィセ リシェ CCウォータリーファンデーション OC-405 ¥1,600(税抜/編集部調)
h: RMK Wカラーマスカラ 02ブラウンオレンジ ¥4,000(税抜)
i: キャンメイク クイックエアリーアイブロウ 01レディミルクショコラ ¥600(税抜)
j: ジルスチュアート ミックスブラッシュ コンパクト モアカラーズ 18 sunny smile ¥4500(税抜)
k: ヴィセ アヴァン パーフェクトフィニッシュ マット ¥1,800(税抜/編集部調)
l: エチュードハウス プレイ101 ペンシル ♯4 ¥834(税抜)
m: ジルスチュアート ジェリーアイカラー 01 diamond snow ¥2,200(税抜)
n: ヴィセ リシェ クリスタルデュオ リップスティック PK863 ¥1,500(税抜/編集部調)

HOW TO
gのCCファンデを顔に均一に伸ばし、kのパウダーを全体に重ねてポメの毛みたいなふわふわ肌を演出。mの白ラメシャドウを指でアイホール全体に塗り、下まぶたにlのペンシルをひいてうるうるアイに。hのマスカラはブラウンの方を使用。iの眉マスカラで眉をふんわりさせ、jのチークを丸く入れる。nを直塗りしてグラデリップに。

癒しオーラ放出中〜 ゴールデンレトリバー

大人っぽい落ち着きと優しい瞳が印象的なゴールデンレトリバーはブラウンのワントーンメイク。旬のマットな質感に癒される人続出間違いなし♡

USE It

o: RMK 3Dフィニッシュヌード F201(レフィル) P02(レフィル) 各¥2,000(税抜) ※ケース、ブラシ別売
p: セルヴォーク ヴォランタリー アイズ 08マットベージュ ¥2,000(税抜)
q: セルヴォーク インディケイト アイブロウリキッド 01 ライトブラウン ¥2,200(税抜)
r: RMK マットマスカラ N 02ブラウン ¥3,500(税抜)
s: THREE キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 03 THIRD EYE ¥3,300(税抜)
t: シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット BR771 ¥3,200(税抜)


HOW TO
oの左側のファンデを顔全体に、右側のハイライトを目の下に塗ってベースを仕上げる。ゴールデンの優しいタレ眉を表現するために、qのリキッドアイブロウで、眉の下のラインを足すようにして下げ気味に眉を描く。アイはpのマットシャドーをアイホール全体に塗り、sのアイライナーを目尻を下げるように入れ、rのマスカラを塗る。リップはtのブラウンを直塗り。大人の抜け感を出すため、あえてのチークレス♡

 

つぶらな瞳のワンちゃんに見つめられてキュ〜ンとならない人はいない!?今年はこのメイクで、ワンちゃん達の愛され力をゲットしちゃお♡

 

model:Mizumura rina, Ishikawa Ruriko
hair&make:Suzuki Mikiko
photo:Matsumoto Yutaka
text:Yanagihara Masaki

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP