おつかれー佐藤です!を上野さんが解説

2018年1月27日


まず時間が気になりますね。 

このLINEは10時に送られておりますが、同窓会ってあんまり遅い時間までやりませんよね? だいたい22時くらいまでには終わると思います。 


まぁ二次会とか三次会に行けばもっと遅い時間にもなりますけど、一次会なら遅くてもそれくらいの時間でしょうね。 


佐藤さんとミキさんが何時くらいまで参加していたのかにもよって少し話は変わりますが、もしも21時とかに解散していたならその日のうちに1通目を送ったほうが良いかと思います。 


ほうほう……でも「こいつガツガツし過ぎ……」って思われません? 


1通目が「佐藤です!今度デートしましょう!」だったらガツガツしてると思われるでしょうが「おつかれ」というLINEを送った程度でガツガツしているとも思われないでしょう。


そもそもLINEで「ガツガツしている」と女性が感じてしまう原因は、文面が「ガツガツしている」というよりも「人間性がガツガツしている」というところにあるのではないかと思います。 


と、言うと? 


つまり相手がどんな人間なのか、ということです。 
今回の件で言えば、同窓会の最中に佐藤さんがガツガツしているという印象を与えてしまっていたら、何を送っても「やっぱりこいつはガツガツしている」とミキさんは感じることでしょう。 

逆に同窓会の最中にガツガツしているという印象を与えていなければ、よっぽど酷い文面を送らない限りガツガツしているという印象は与えません。 


確かに……実際に会ってる時にガツガツだった人がメールでリカバーするのは難しいですね…… 


ええ、ただガツガツしているという印象を与えることは必ずしも悪いことばかりではないのでその点はお間違いなさらぬようお願い致します。 


そうなんですか? 


ガツガツしているキャラとかおちゃらけキャラであれば、多少ガツガツ誘ったとしても「まぁあの人だし」とそこまで好感度が下がりません。しかし、物凄く紳士的なキャラの男性がガツガツを見せると一気に好感度が下がりますからね。 

どちらがいいかというのはその人のキャラにもよるでしょう。 


さて、時間の話が終わりましたが実はこのメッセージにはもう1つポイントが御座います。 


ほうほう……それは?


今回のように多くの方が参加するイベントの場合「おつかれー 佐藤です!」というLINEがきても「あれ?この人誰だっけ?」となる可能性が高いのです。 

しかも佐藤というのは日本で最も多い名字。同姓の方がもう1人いたら、完全に誰か分かりません。 

富島(約1900人 全国5360位)
なるほど 

上野(約201000人 全国87位)
富島ならなかなか被らないかもしれませんが、上野もたまに被りますからね。 

とは言え名字が被らなかったとしても、人がたくさんいれば名前を覚えているのは困難です。「富島?誰だっけ?」みたいなことになる可能性も少なくありません。 


じゃあどうすればいいんですか? 


キャラ付けというテクニックはオススメできます。 


例えばこれが合コンだったとしますね。
男性はビールを飲む方が圧倒的に多いですが、そんな中でカシオレだけを永遠に飲むなど分かりやすいキャラ付けをしていきます。 


その上でそのことをネタにその女性と会話をする。 
「ビール苦手なんです」でも「カシオレ大好きなんです」でもなんでも構いません。 

それで佐藤=カシオレということを印象付ければ「カシオレばっか飲んでた佐藤です」というメッセージで「あの人だ」と思い出して貰えます。 


また、他にも会話を続けるというのも有効なテクニックですね。合コンやパーティーで話した話題なんて翌日には忘れてしまいますが、逆に言えば当日は結構覚えているものです。 


その女性と最後に会話した内容が「女性が今度沖縄に旅行に行く」だったら 、

「お疲れ様、佐藤です」に続けて「そろそろ那覇着きました?笑」「言い忘れたんですけどサーターアンダギーをお願いします笑」というようなメッセージを送ってしまえばいいんです。 

誰かもはっきり伝わりますし、会話のとっかかりにもなるので便利な手段でしょう。 

 

他の解説が気になる方はこちら!






TEXT/上野
都内のラブホテルに勤務するかたわら、Twitterでの厳しくも紳士的なアドバイスが話題に。著書『ラブホの上野さんの恋愛相談2』も好評発売中。
@meguro_staff

 

ページトップへ TO PAGE TOP