野暮ったくならない! 今っぽバランスのおしゃれ内巻き

2017年3月5日

 

最初にざっくり毛先を巻いたら、残りは細かく強くでメリハリを!定番の内巻きスタイルを、今の気分にぴったりな

キャッチーな質感に仕上げてくれたのが、

今月の女神スタイリスト、VioletのMANAEさん!

ご本人の可愛らしいムードはもちろん、

家でも扱いやすいスタイル提案にファンが多い人気者。

 

今回は、サロンでもよく質問される「内巻き」を、

今っぽいバランスで解説してくれているので必見です!

一見簡単そうにも思える内巻きも、

毛先が丸まりすぎたり、まとまって野暮ったく見えたり、

レトロというよりは何だか老けて見えるかも…

なんて困った経験はありませんか?

それは巻き方に強弱がないのもひとつの原因かも。

そこでぜひ覚えて欲しいのが、下の2つのポイント。

軽やかで、柔らかな雰囲気を手に入れて!

 

ポイント1

大きめのアイロンを使って、まずは全体をざっくり内巻きに。

毛先にハーフカールがつく程度のゆる巻きでOK!

 

ポイント2

アクセントで、細く強く巻く毛束をつくります。

もみあげと、表面の髪をところどころ取ってやや強めに巻いて。

最後にふわっと髪を持ち上げて、空気を含めるように髪を崩すと、

なじみながらも自然な立体感のある軽やかな仕上がりに♪

 

Violet

MANAEさん

http://violet.tokyo

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP