【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(7月号・後編)

2017年6月20日

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

「ar(アール)」の見所をオトコ(というよりは僕)の独断と偏見で紹介していく当コーナー。今回も7月号のミドコロを徹底解剖していこうと思います! 最後にお知らせもあるので、ぜひ読んでくださいね! では、いきます!!

7月号のテーマは「セクシー」。こういうトコロも、オススメです。

セクシー号の後編一発目に紹介するのは、
男子お待たせ! 篠崎愛さんです!

はい! もう!! この!!!

 

鎖骨の下のホクロに! 名前つけて飼いたい!!!

こんなにふんわりやわらか癒され丸み透明感白肌愛されボディと同棲なんてしようものなら毎日が「ar(アール)」セクシー号ですよ本当に! よかったー篠崎愛さんと同棲してなくて僕本当によかったー!

もちろん女性陣のためのボディメイク術も書かれているので女性陣も楽しんでくださいね。男性陣はしばらくこちらの篠崎先生のお世話になりましょう。

で、セクシー号なのでもちろん下着特集もあるのが今回のポイントです。

ル○ネエストなどのファッションビルに買い物に行ったとき、下着売り場を通るとどうしていいかわからず未だにちょっと下半身がル○ネエストしてしまう僕ですが、今回は「ar(アール)」読者のためにしっかりと下着特集と向き合わせていただきました!

体型別に6ページにも渡って紹介される下着の数々なのですが、見ていてふと思ったことがあります。

ラテンなノリでプリっとはかれたらさすがにこっちもキツいわ!

いや、なんというかね、チャレンジしすぎなんですよ。もう、ここぞとばかりの大一番すぎ。何? 戦? これ戦なの? 女子みんな戦国武将だった?? って思わず疑問符を連発するくらいには、誤りを正したいわけです。

いいですか、みんなわかってるだろうけど改めて言うよ!

男子はフリルやレースが嫌いだしシンプルな下着ほど萌えるよきっと!!

この発言で「いや俺はレース大好きだぞ」とか男性陣のフェチ大公開な反発が来てもファイティングポーズ取っていくつもりなんですけど、少なくとも! 僕は! そういう気合いの入れ方は求めてなーい!! もっとシンプルなやつー!! それでいてテロテロなやつーー!!

って思ってしまったわけです。

てなわけで僕の中でベストワンな下着はコレでした。露出あんまナシ。レースみたいのちょっと入ってるけどそれを上回るサテン具合が絶妙だからOK。このキャミ、純粋にかわいくないですか? 肩ヒモ下ろすとき、めっちゃドキドキしそうじゃないですか? それ。そのドキドキを大事にしたい。この原稿書いてるの明け方4時20分なのでこういう発言もどんどんしたい。後悔しても構わない。明日がちょっと怖い。

NEXT:セクシー号の清楚コーナー&重大発表あります!!!

1

2

おすすめ記事

ページトップへ TO PAGE TOP