【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(4月号・前編)

2018年3月12日

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

女性誌「ar(アール)」を30代のおっさんが独断と偏見で解説する当連載。
今月もしっかりとその魅力をお届けしたいと思います! 今回は、4月号(前編)

4月号、表紙から超全力です

え、この美人は、

マジでどなたですか……?

って一瞬考えてしまった超絶パンキッシュセクシーガールは、なんとなんとなんと超絶らぶりー・本田翼さん!!
まさかの「ar(アール)」で大変身を遂げてくださりまして、僕の鋼の錬金術師もとっくにロマンス劇場している次第であります。

 


巻頭インタビューの写真も超絶最高。全男子が今すぐドクターマーチンになりたい

 


この愛くるしすぎるパジャマ姿のせいでテキストが頭に入ってこない問題がありますが、よく読んでみると本田さんのストイックさと癒しの極みに心がほっくほくになります。

とくに「生まれ変わったら? 渡り鳥になりたい(笑)」で僕の渡り鳥たちが颯爽と飛び立っていきました最高。

 

 

池田エライザさんとお仕事しました!


突然宣伝ですが、私カツセマサヒコ、「あなたと過ごしたい妄活1週間」企画にて、池田エライザさんとの妄想デートのテキストを担当させていただきましたー!

 

編集部)「ねえカツセさん。池田エライザさんとデートするなら、どこ行きたい?」

カツセ)「牛丼……牛丼食べにいきたい……」

 

と言ったら、実現した記事がコチラです。

最高かよ。

 

今日ほどライターやっていてよかったと思ったことはないです。どんっだけかわいいの。皆さん本当にごめんなさい僕はいま最高に幸せです。
※ちなみにこの撮影は、すき家本社の研修施設を使わせていただきました。このロケ以降、すき家さんが大好きになりました。ありがとうございました。


ほかにも「キャッチボールしたい」「カメラデートしたい」「古着屋巡りしたい」「カラオケ行きたい」「サイクリングしたい」「公園デートしたい」といった僕の単なる願望を池田さんが迫真の演技で叶えてくださりました。超最高。絶対買って3万年保存してほしい。

 


もちろん読み物としても工夫を凝らしました。1週間仕事を休むことになった二人が一日いちにちをダラダラと過ごしていくのですが、よくある1週間企画と違い、前後の曜日で物語がつながっており、二人の人生の一部を覗き見る感覚を得られるように書きましたエモくてリアルでハッピーな物語を書きました。読んでいただけたら嬉しいです。

 

NEXT:オシャレな人の家がすごい件

1

2

おすすめ記事

最新号

ar6月号!表紙は広瀬すずさん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP