メイクブラシ、何で洗ってる? 美人になれるメイク道具のお手入れの仕方

2018年2月27日

突然ですが、質問です。メイクのときに使うスポンジやブラシって、きちんとお手入れしていますか?

ドキッとした人は要注意! 使いっぱなしのメイク道具ってとても不衛生で、ニキビや肌荒れの原因に。

そして、女子トイレや彼の部屋でメイクするとき、確実にその汚れは見られています…! キレイな道具を使うのも、女子のたしなみですよ~。

プロ直伝! メイク道具の正しいお手入れ方法をレクチャー♡

今回は、ヘアメイクアップアーティストのAYAさんに、メイク道具のお手入れ方法を教えてもらいました。

 

AYAさんPROFILE

LA DONNA所属。透明感を引き出すメイクテクで、ar本誌をはじめ女性誌でもひっぱりだこ。

 

「ファンデのスポンジやパフが汚れていると、肌荒れの原因になるだけでなく、塗るときにムラになって仕上がりが悪くなります。常にキレイな面を使うようにして、3~4日に1回ぐらいは洗ったほうがベター。

ブラシ類やチップは用途や素材にもよりますが、色ノリの悪さやゴワつきを感じたら洗うようにしましょう」(AYAさん)

 

ベースメイクのスポンジ&パフは、固形石けんで洗えばOK!

スポンジに軽く水気を含ませたら、固形石けんを直塗り!

握りながら泡立てていき、汚れをもみ出します。軽く水ですすいで、泡の色がキレイになるまで繰り返して。


キレイになったら水でよくすすぎ、超少量の柔軟剤を入れた水にくぐらせます。このひと手間で肌あたりがやわらかに♡ すすいで水気を絞ったら、平干しに。

パフの場合、水気をきるときにちょっと注意! ギューッと握って絞るとパフの中身がヨレてしまうので、平らにプレスして水気をオフ。

「お直しのときに使ったものは皮脂汚れなどがついて、放置すると不衛生。こまめに洗うようにしましょう。小さなスポンジが付いているアイシャドウチップも、同様の洗い方でOK!
(AYAさん)

BEFORE

 

AFTER

 

 

天然毛のブラシは、ナチュラル系シャンプーで洗えちゃいます!

泡立てネットでナチュラル系シャンプーをキメ細かく泡立てたら、モコモコの泡をブラシにふくませていきます。

指先を使って泡をブラシの中に入れ込んで、汚れをやさしくかき出して。一度すすいでから、ブラシについた汚れがキレイになるまで繰り返します!

仕上げに、ナチュラル系のコンディショナーを水で薄めて(うすーく!)、ブラシをくぐらせます。その後、軽くすすいで。

タオルでやさしく水気をとって、丁寧に絞りながら毛先を整えます。干すときは寝かせて!

「いいブラシは丁寧にお手入れすれば何年も使えます! 普段は使ったらティッシュオフする程度で、洗うのは数か月に1回でOK。チークのノリが悪いなと感じたり、肌ざわりがゴワついていると思ったら洗うようにしましょう」(AYAさん)

BEFORE

AFTER

 

 

ナイロン毛ブラシのお手入れもお忘れなく♡

1

2

おすすめ記事

最新号

ar8月号発売中!カバーは浜辺美波さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP