え、彼にワガママを言う方が恋愛ってうまくいくの!? 意外と面白い【モテ心理学】

2020年4月24日

好きな人に会えないときは、メイクやファッションを研究するのもいいけれど、どうせ時間があるなら恋愛に有効な心理学をちょっぴり頭に入れておくといいかも♡

今回は、いつか恋の役に立つかも!?なモテ心理学をご紹介します!

デートの誘いがOKされやすくなる!カチッサー効果

理由をつけると、頼みごとの内容とその理由にあまり関係性がなくても、人は深く考えずに承諾してしまうという心理現象。

「〇〇してもらえる?」と頼みごとだけ言よりも、「□□なので、〇〇してもらえる?」と理由をつけるとOKされやすいため、気になるカレに「今度飲みに行こう」と誘ってもうまくはぐらかされたり、そもそも直接的に誘う勇気がない子に最適!

買い物に付き合ってもらったり、仕事などでお願いごとをしたら、その”お礼をしたいから”と誘えば相手もすんなりOKしやすい。

ワガママを言う方が恋は進展!? 認知的不協和理論

私たちはなにか行動した時に生じる気持ちの矛盾に不快感を覚えるという社会心理学用語。

人はその矛盾を解消すべく、考えや行動を変えたがるもので、たとえば困っている相手を助けた場合、その相手のことを嫌いだと思うと、助けたという行為と気持ちが矛盾してしまうため、それを避けるために”好きだから助けた”と矛盾を訂正しようとする。

つまり、あえて”相手に助けてもらう”という状況をつくり、頼ることで、相手は”嫌いじゃないから助けた”とアナタに好意を持つようになる。

可愛い小さなワガママくらいなら、かえって効果的になる場合もあるということ♡

1

2

人気ランキング

最新号

ar8月号♡カバーは宇野実彩子さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP