• ar web トップ
  • ラブ
  • 初めてのH、正直怖い…初体験の時に気をつけた方がいい5つのこと

初めてのH、正直怖い…初体験の時に気をつけた方がいい5つのこと

2020年7月24日

大好きな彼とのコミュニケーションでとても大切なのが、セックス。そんな彼との性活をより楽しむために、セックスライターのべっつぃーさんがarwebに登場♡

初めてのセックスや久しぶりの彼との夜…緊張してしまいますよね。

気をつけておくべき5つのことをべっつぃーさんが教えてくれます。

初めてのセックスの日には、未知の体験への期待と不安でいっぱいになりますよね。初めての日に限らず、長い間していなくて久しぶりにする時にも「ちゃんとできるだろうか」と不安になる人もいるようです。

今回は、初めての時や久しぶりの日に気を付けておくと良いこと、準備しておくものなどについてお話しします。

脱毛はするべきか

初体験の時に脱毛をしておくべきか質問されることがあります。初めてなのに毛の処理をしていたら相手に引かれないか、でも逆に何もしていないとそれはそれで嫌われないか不安になってしまうんでしょうね。

これは正直どちらでもいいと思います。男性からするとアンダーヘアなんて大して気にしていないというのが本音だと思いますよ。最近では性の経験に全く関係なく脱毛をしている人も多いですが、自然のままにしている人もまだまだ多いです。自分の日常生活が快適に過ごせる状態が一番じゃないでしょうか。

キレイに洗う

意外と知られていないのがアソコの正しい洗い方です。中にソープの泡を入れて洗ってしまったり、外側の汚れをキレイに落としきれていなかったりと、間違った洗い方をしている人は多いです。

アソコの中はソープや水を入れて洗う必要はありません。元々自浄作用があるので清潔に保たれています。一方で外側は皮脂などの汚れが細かい所に溜まりやすく、洗い残しが多いようです。ソープを泡立てたものを使って手で丁寧に洗いましょう。クリトリスの皮は上にずらして皮の間隠れている場所を、大陰唇と小陰唇の間は溝に気を付けて丁寧に洗います。こうすればニオイの元も洗い流すことができます。

安心できる環境で

余計なことを心配せずに安全に清潔にしたいですよね。ホテルの部屋や自宅など、誰にも邪魔されることなく安心して過ごせる場所を確保してください。避妊や性感染症予防のためのコンドームも必ず必要です。ベッドに入ってから「持ってない!」となっても大変なので予め確認しておきましょう。

自分で用意しておくのもいいですね。上手く装着できずに一度外したものは処分して新しい物を使う必要があるので、多めに用意しておくといいと思います。上手に装着する方法は女性が知っておいても損はないので、ネットなどで調べて予習しておくといいと思います。

リラックスする

初めての時や久しぶりの時には、「痛い」「出血する」というイメージもあるかもしれませんが、全員がそうとも限りません。むしろ痛みを恐れて体を硬直させてしまうことが痛みの原因になることもあります。内ももやお尻に力が入ってしまうとアソコの入り口にある筋肉が引き締まってしまうので、挿入を妨げて余計な痛みが生じてしまうんです。

なるべくゆっくりと呼吸をして下半身を脱力させましょう。リラックスすることで潤いも促されるのでよりスムーズになります。ちなみに、初めての時から気持ちよくなるのも変じゃないので安心して楽しんでください。

我慢しない

体の敏感な部分に触れ合う行為なので、お互いの体を丁寧に慎重に取り扱うことが大事なのですが、興奮や緊張でうっかり強く触ってしまうこともよくあります。特に異性の体だとどれくらいの力で触れていいのか難しいですよね。

触れられている時に痛みを感じたり、このまま続けたら痛くなりそうだと感じた時には、我慢せずにその場で教えてあげるのが親切です。こちらから触れる時にも「強すぎる時は教えてね」と言うようにすると、お互いにケアし合える関係を築くことができますよ。

 

初体験や新たなパートナーとの最初のセックスは、一大イベントのように感じるかもしれませんが、そこまで気負う必要はありません。

確かに思い出には残りますが、失敗したってその後の人生にも性生活にも影響はないんですよ。避妊と感染予防にだけは気をつけてリラックスして臨んでくださいね。

 

これまでの連載はコチラ

Betsy(べっつぃー)

セックスとメタルと米を愛するセックスライター。女性がいかにセックスを楽しむかをテーマに「ちょっとだけbitchな生き方(仮)」というブログを執筆中。恋愛メディアAM(アム)で「素敵ビッチのたのしい性活」好評連載中。Twitter:@BitchyBetsy

 

<合わせて読みたい>

「彼氏いない歴=年齢っておかしなことですか?」恋愛漫画家がアラサー処女・恋愛絶食系女子の悩みに答えます!【いつまちゃん×山科ティナ対談・前編】

「この年齢で処女…」「整形したら幸せになれる?」脱コンプレックスした先にゴールにあるものとは【ものすごい愛インタビュー・前編】

人気ランキング

ページトップへ TO PAGE TOP