• ar web トップ
  • ラブ
  • なんでイイ男と出会えない!? ダメ男にハマる女性が持つ3つの特徴【ラブホの上野サンの恋愛先生】

なんでイイ男と出会えない!? ダメ男にハマる女性が持つ3つの特徴【ラブホの上野サンの恋愛先生】

2018年7月29日

ネットや漫画・ドラマと引っ張りだこの「ラブホの上野さん」の連載第24回。今回はいわゆる「ダメ男ホイホイ」にクローズアップ!ダメ男にひっかかりやすい女性の特徴をずばり教えてもらいました。耳がいたい~!と思うような(笑)上野さんの的確な指摘は必見です!
■次回【その返信、コミュ症すぎ! 「無駄褒め男」のLINEから見る上手なデートの誘い方
■前回【付き合ったら態度急変!?「釣った魚にエサをやらない」男性に愛され続ける方法
■これまでの記事はこちら


今回はダメな男や不倫にハマりやすい女性の特徴を紹介させて頂こうと思います。


はい!


さっそくですが富島さん、今日の打ち合わせどこでします?


時間的にもお昼ご飯食べながらが良いと思うんですが、何食べたいですか?


何でも良いですよ。


それこそが「ダメな男にはまりやすい女性の特徴」その1です


はい?


「何でも良い」が多い


ええ……なんでですか?


大きく分けると2つの理由があります。


2つも?


そもそも富島さん。どうして「なんでもいい」と言ったんですか? 


えーっと……特に食べたいものがないからです。


なるほど 


では立場を逆にして考えてみましょう。


豊島さんが私に「何が食べたいですか?」と質問した時に、私が「なんでもいい」と返事をしたら困りませんか? 


まぁ……確かに困りますけど…… 


それならどうして富島さんは「何でも良い」って言ってしまったのでしょうか?
 


上野さんに食べたいものがあるかもしれないじゃないですか。それと違うこと言ったらアレですし…… 


別に良いじゃないですか、意見が食い違ったって。 


でもなぁ…… 


そう。その感情がダメ男にハマるんです。 


相手と揉めたくないという感情を紐解くと「相手に従順な良い子でありたい」というものになります。 


例えば富島さん。「今、食べたいもの」ではなく「流石にこれだけは嫌」っていう食べ物ありますか? 


うーん……昨日の夜と今朝がカレーだったんで、流石にカレーは嫌ですね。 


では、もしも私がそれを聞く前に「今日はカレーにしましょうか!」って言っていたら、嫌と言えましたか? 


まぁ……嫌とは言え我慢できないほど嫌なわけじゃないので…… 。


「相手が何を言ってもそれに合わせればいい」と思っているから「何でもいい」と言ってしまうタイプですね。 


私はそれが悪いとは言いません。ですが、そういった良い子には致命的な欠点があるんです。 


意見をぶつけられないのです。 


意見をぶつけられない? 


「俺さ、いつかビッグになって武道館満杯にしてお前に楽させっから!」


なにそのクズなバンドマン、絶対武道館満杯に出来ないでしょ。


「家内とはもう家庭内別居みたいなもんだよ、もう愛なんてない……来年子供が高校に入学したら離婚しようと思っているんだ。だからそしたら結婚しよう」


それ絶対に離婚する気ないやつやん。というか近所の人から「いいパパですね」とか言われてそう。


「悪い!またお前を殴っちまった……だけど俺は本当にお前のことが好きなんだ! お前がいないと……俺は!」


DV男にありがちなやーつ。


ね?


何が「ね?」なんですか……?


普通に考えれば誰が見たって「こんなものは嘘だ」ということが分かります。 


そりゃあまぁ……


でも、ダメな男にハマる女はこの言葉を信じることが出来るんです。 


騙されやすいんですか? 


違います。


「彼がそう言ったから」です。 


例えば「武道館を埋める!」って言っている男性に対して「そんなの絶対に無理だよ!」って言ってしまったら波風が立ってしまいますよね? 


まぁそりゃそうですね 。


そうすると彼女は「いい子」ではなくなってしまう
 。


さっきの「何でもいい」もそうですが、そもそも「いい子」が人に全面的に合わせるのは「そっちの方が楽だから」なのです。 


自分で物事を決めずに全部人の言う通りにする。自由でいたいと思う方には理解し難いかもしれませんが、それはそれでとても楽チンなんですよ 。


確かにわかる気がします 。


そういうタイプの方は、さっきのようなクズ男の発言も「真実」として捉えてしまいがちです。 


正確に言えば、その方だって「こんなの嘘だ」ということは分かっています。ですがそれを指摘して戦ったり、自分で考えることの方が大変なので、「彼を信じる」と自分を騙してしまっていると言えるでしょう。 


考えるのが好きだったり、人と議論することが大好きな人はダメ男になかなかハマれませんよ。だって誰がどう見てもダメ男なんですもん。自分を騙せないと彼らにハマることはなかなか出来ません。
 


そしてこれは2つ目にも繋がります。


ほほう。


2つ目


被害者でありたがる。


被害者でありたがる?


ダメ男と別れた後に「私は騙されてた」的なことを言いたがる女性がいらっしゃいます。 


いる。


ですが残念ながら、特殊な場合を除けば、その女性も騙されてなどおりません。本人が「騙されているふり」をしているだけなのです。 


もちろん本人も「騙されている」という自分自身の嘘を信じ込んでしまっていることが多いので、なかなか自覚はありませんが……


つまりどういうことですか……


彼女たちは人から責められることが苦手なので「お前が悪い」と言われたくないのです。被害者であれば、世間から同情をして貰えますし、決して責められることもありません。

ですので被害者ポジションでありたいっていう方は男女問わず決して少なくないでしょう。 


ダメ男と付き合えば被害者になれるんですか?
 


相手の男は救いようのないクズですから、相対的に女性の方が被害者になります。
 


なるほど……
 


でもそれと「何でもいい」に何の関係があるんですか? 


「なんでもいい」って言ってしまう方は本人の自覚はともかく、やはり少なからず「被害者でありたい」という意識があるように思えます。 


例えば私が決めたお店が物凄く不味かったとしたら、それは私の責任ですよね?
 


いや、そんな責めませんって…… 


ですが、少なくとも富島さんが責められることはない。 


「なんでもいい」と言うことで、どれだけ店選びが失敗しても「絶対に責められない位置」に自分を置いているのです。 


もちろんそこまで悪意を持っているとは思いませんが、結果としてその位置になっている以上、やはり少なからず「被害者でありたい」という意識があるのだと思います。
 

 

1

2

3

人気ランキング

最新号

ar12月号♡カバーは今田美桜さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP