• ar web トップ
  • メイク
  • 半分くらいしか眉毛がない人でも、流行アイブロウになれる方法がある!!

半分くらいしか眉毛がない人でも、流行アイブロウになれる方法がある!!

2018年1月16日

人気ヘアメイクさんに
お助けメイク法、聞きました

こんにちは編集部員です。ひと昔前の細眉ブームや、学生時代にちょっとイキって剃りあげていた名残りで(私だけ?笑)「眉毛が途中から無い…」って悩みを抱えている人いませんか? 

そんな「眉毛無し子」でも、トレンドのカラー眉毛やナチュラル眉毛を叶えられるアイブロウ法を、HM鈴木海希子さんに取材して試してみました。(セルフメイクなのでリアルな実現感が見れます・笑)

「眉毛POINT」は
リキッドペンシルで
眉毛を描き足す

ずばり「眉毛無し子」でも生えているように錯覚させるためには、リキッドペンシルが必須! このPOINTを覚えておいてくださいね。さて、そのための簡単な下準備をしていきます。ここも大事!

ステップ1:ブラシで毛流れを整える

どこにでも売っているブラシ。意外と使ったことのない人が多そうだけど、これで先に眉毛をといておくのが大事なひと手間。毛の流れを活かしたナチュラル眉毛が今っぽいからブラシが必要。上向きの毛流れが旬なんだって!

ステップ2:パウダーで補う

普段使っている自分の髪色や肌トーンに合うパウダーでOK。

チップにとって足りない部分にのせていきます。ここで大事なのが前までトレンドだった並行眉にせず、アーチ眉を目指すこと。眉尻が少し下がっている方が、女っぽいんだって。

とはいえ、「眉毛無し子」にとってはパウダーだけでアーチを描ききるのは難しいので、ついにペンシルに頼りましょう!

ステップ3:ペンシルで毛を足す

上の写真だとちょっとまだ眉頭が薄かったり、左右のバランスが悪かったりしますよね。微調整はリキッドペンシルに任せましょう!

自分の眉色に合った、うっす〜い色が自然でおすすめ。

眉頭を中心に毛が足りないところに、毛を一本一本描き足すように追加していきます。恐る恐る描かなくても、うっす〜いリキッドペンシルなら、とってもさりげなくつくからご安心を。

仕上げは流行色
レンガ色シャドウ!

さて全体が整って「眉毛有り子」になったところで、最後に今っぽいカラーで味付け。レンガ色の眉毛に仕上げれば、いっきにシャレた雰囲気に垢抜けられるよ! アイブロウ専用ではなく、マットなアイシャドウを使うのが鈴木さんからのおすすめ。

ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 023 ¥800/コーセー

ブラシやチップを使って眉毛にのせる前に、一度手の甲ではたいて不要なパウダーを落とすのがコツ。べったりのせるよりニュアンスでつけるくらいに。

まとめ

眉毛が中途半端になかった私でも、教えてもらった方法を試すとこんなアーチ眉に。

ないところに眉毛をつくろうと躍起になって、不自然な眉毛をべったりと描いてしまっていた人たち、ぜひ真似してみてくださいね。ちなみに、最後に使ったアイシャドウを同じくアイホールに入れると統一感が出て、可愛いと教えてもらいました。試してみてね。

教えてくれたのは、ヘアメイク鈴木海希子さん。ar本誌でもおなじみのおフェロの伝道師♡ さまざまな媒体で活躍中。
Photo:Oka Rieko

おすすめ記事

最新号

ar12月号発売中!カバーは森絵梨佳さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP