• ar web トップ
  • 一覧非表示記事
  • 【下半期占い】ジョニー楓の12星座占い【しし座】受け止めたり、許したり。心の広さや柔軟性を身につけて(7/23〜8/22)

【下半期占い】ジョニー楓の12星座占い【しし座】受け止めたり、許したり。心の広さや柔軟性を身につけて(7/23〜8/22)

2020年8月5日

しし座(7/23〜8/22)

私の生き方を私が愛せなかったら哀しいし、素敵な人生にもならない

人生とは、夢見て憧れたものへどれだけ近づけるか。「たとえ、他の人にできなくても私ならきっとできる」。いくら思い込みとか主観的とか言われようが、激化していく衝動はいずれ可能性を作り、オリジナルを生んでくれるはず。だいたい、ありがちな展開や生き方に収まる自分を想像できないし、そこで感動が得られるとも思えない。だから、何度でも探す、自分が満たせる場所を。

自信をなくさないために自分自身を嫌いにならないために、恋も生き方も常に創造的であれ! 自分を中心に世界が回っているなんて思わないけれど、回せるような人間になりたいとは思っている。

受け止めたり、許したり。心の広さや柔軟性を身につけて

どんな時代であろうと主体性や創造性を失わず進んでいくべきだと思う。それに叶えたい夢を貫くような生き方は誰でもできることじゃないし、荒みがちな今の世相で、そんな君の明るさは、きっとみんなに指針を示し、勇気を与えることだろう。

ただ、下半期は誰もが自分のペースで進むことが難しくなり、それだけに誰もが自分のペースを守ろうとする流れ。つまり思いやる心や譲り合う心が減り、ついつい自分のことしか考えないような心理に、誰もが陥りがちになるってワケ。だから、君のカラーや打ち出し方も、多少の工夫や根拠を加えていかないとただただ自己中心的なモノとして映ってしまいそうだし、下手したら孤独を感じるようなことにもなりかねない。時折訪れるタイミングに、ダイナミックに動いてしまいたくなるけれど、乱暴にならないことが必要だし、多少乱暴だったと思うならその後フォローも忘れずに。堂々と意思を伝えるのは大切なことだけれど、それも下半期は相手の状況や立場を窺ったうえでよろしく。

むしろ、自分の話をする前に相手の話を聞いたり、コンディションを察してからにする。時には、自分の言い分を飲み込んででも相手の立場を守ってやる。受け止めたり、許したり、そういった広さや優しさを君が覚えれば、周囲や大切な人の心を掴むことができると思うし、君の存在が改めて光るような気がする。ここ最近あまり伝わらなかった君の素晴らしさも今度こそブレイクするはず。

10月頃、再び時代が動き出し、人と育み合ったりすることもままならなくなる。その前にどうかみんなの心によい印象を残して。2021年には注目されることも多くなるし、君を中心に回るようなことも増えるはず。ただ、その規模や範囲も下半期にどれだけの人と心を一つにできたかで変わってくることを忘れないで。

掴みどころのない世界を無理にはっきりさせないで、君もenjoyして

これといった実りが期待できない風潮の中で、無理やり頑張っても納得のいくものなんて生めない。また、洗練されているともとれるが、どこか白けた感じのする会話に無垢な気持ちは少なく、むしろ冗談やゴシップがほとんどな気がする。

しかし、今はその混沌とした状況がいくら無秩序に思えても、下手に緊張感を与えないことが大切な気がするし、逆にそこへなじんでいく努力も必要な気がする。これといった目的もない中で、ゆっくりと友達や大切な人と余暇を過ごし、豊かなものを見つけたり、それも悪くないと君の中で世界を広げたり。

時に自分の意見を飲み込むこともあれば、違うと思うものを受け止めなきゃいけない場合もある。君にとってハードルの高いことかもしれないけれど、このハードルを越えれば、君も生きやすくなると思うし、周りの君に対する印象だって変わるはず。下半期は掴みどころのない場所でフランクに過ごすことを覚えて。

教えてくれたのは ジョニー楓先生
詩的で心に直接問いかけるような語りが心地よい人気星占い師。対面鑑定はコスメキッチンにて開催予定。詳しくはブログ「JOHNNY’S FORTUNE(ameblo.jp/ck-johnny)」で。

人気ランキング

最新号

ar11月号♡カバーは本田翼さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP