• ar web トップ
  • 一覧非表示記事
  • 【下半期占い】ジョニー楓の12星座占い【さそり座】慣れたところに留まらず、新しい時代を受け入れ、そして自分の生活に取り入れて(10/24〜11/22)

【下半期占い】ジョニー楓の12星座占い【さそり座】慣れたところに留まらず、新しい時代を受け入れ、そして自分の生活に取り入れて(10/24〜11/22)

2020年8月5日

さそり座(10/24〜11/22)

もう元へは戻れない。でも出会わないより、出会ってよかったと思う

誰かや何かと深く同化し徐々に変わっていく心の在り方。そうやって定着していく感情の前では、何が正しくて何が正しくないかなんて問題じゃない。そこで生まれる変化は意外なほど新しく、自然で、それを知る前にはもう戻れないことを察させる。つまり、自分が本気で惹かれたり、ハマったりしたら、もう続ける以外他に選択肢はなくなるってワケ。

「こんな気持ちになるなんて」みたいな、根底的に変わっていく気持ちに戸惑うこともあるけれど、抗わず運命に身を委ねる。個人のテリトリーで自分を守っている人たちにはたぶんわからないし、条件や将来性を前提に行動したら辿り着けない世界。

慣れたところに留まらず、新しい時代を受け入れ、そして自分の生活に取り入れて

把握しているつもりだったが、そうじゃなかったかもしれない…と、在り方を根本から疑ってしまうような初めての経験をした上半期。ただ、大切なところから引きはがされるような心理に陥ったが、同時に人との結びつきの強さを改めて感じたはず。心を入れて通わせ合ったものは、そうやすやすと消えたりしないと。

しかし、戻ってきたかに見える運命も10月には、新しい時代へと動いていってしまう流れ。つまり再び会えなくなってしまうような、再び離れてしまうような危機感を感じることが起きるかもしれない。確信した結びつきを信じるのはいいが、果たしてそれだけでいいのだろうか? それを守るために、あるいは結びつきを強めるためにやっておくべきことがいっぱいあるはず。12月にはきっと完全に時代が変わりきる。そうなってから焦ってももう取り戻せないと思うぞ。

また慣れたやり方に固執せず、君も新しい時代を受け入れ、そこに基づいた新生活を徐々に取り入れていく努力をすべき。仕組みや枠組みが壊れようとしている中で、ずっと続くと思っていたことももしかしたら続かないかもしれない。だから、思い通りにいかなくても萎えないタフさ、もしくは思い通りにいかないことを客観的に受け止める冷静さ、どっちも今まで以上に鍛えていく必要がある。自分とは違う部分を理解することは、こだわりや貫きたい部分を抑えなきゃいけないことと等しい。

しかし、そんなバランスをもし君が覚えられれば、今よりもきっと生きやすくなると思うし、何よりも理解の幅が広がるぶん、より多くのものと接し、優しくなれるはず。時代が変わればゴールの形も変わる。でも、形が変わるだけで、そこに流れる愛や情が変わるわけじゃない。通い合わせて育んだ結びつきは、どんな時代がきてもなくならない。

自分と相手の違う部分を理解できれば、苦しさも減ると思う

「自分が思っているように、きっと相手も同じことを思っているはず」。そう思いたいのが人間の常。だけど、「好きな人とはできるだけ一緒にいたい」と君が思っていても、好きは好きだが一人の時間も同じくらい大切、なんて思う人もいる。あるいは、一つのものを奥深くまで掘り下げたいと思う君に対し、複数を表面だけ理解することで満足する人もいる。

下半期は、そんな自分とは違う部分をどう理解し、どう受け止めていくかが君の課題。中には違いを知ってショックに思うこともあるかもしれない。しかし、そういうことも客観的に理解し受け止めていくことを覚えれば、長きにわたり謎だったことも謎じゃなくなるし、何より、許せなかったことも許せるようになる気がする。理解の幅が広がることで、君の中で世界が広がると思うし、イマイチ縮まらなかった大切な人との距離も詰めていくことができると思うから。

教えてくれたのは ジョニー楓先生
詩的で心に直接問いかけるような語りが心地よい人気星占い師。対面鑑定はコスメキッチンにて開催予定。詳しくはブログ「JOHNNY’S FORTUNE(ameblo.jp/ck-johnny)」で。

人気ランキング

最新号

ar11月号♡カバーは本田翼さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP