• ar web トップ
  • ラブ
  • 自分より可愛い子のいる合コンでモテるには。【おフェロなお悩みに♡おタク男子の処方箋】

自分より可愛い子のいる合コンでモテるには。【おフェロなお悩みに♡おタク男子の処方箋】

2018年4月21日

おタク男子が世のおフェロ女子に物申す!
読者の乙女なお悩みに、バンドマンおタク男子の彼が思いもよらない変化球で答えます。
恋も仕事もおしゃれも夢も。人生に迷ったらあの人に相談してみよう!

答えてくれるのは、ロックバンド・オワリカラのタカハシヒョウリさん。


↑音楽家時のタカハシさん (c)勝永裕介

特撮おタク時のタカハシさん

今回は、恋の始まりにまつわるお悩みを解決!

可愛い子がいる合コンにて。

合コンで、自分より可愛い子と一緒にいる時のベストな振る舞い方を教えてください。少しでも印象よく思われたいです!(ぽぽさん・26歳)

「なるほど。これは男女ともに、永遠の課題ですよね。やっぱりその飲み会における、一番適したポジションを見つけることが重要じゃないですか。ルックス面でエース的な人が他にいるならもうしょうがないから、じゃあリベロなのか司令塔なのか、自分の資質に適した別のポジションを瞬間的に把握してそれに徹するっていうのがいいんじゃない?」

ーお〜。めっちゃ難しそうですけど。

「おすすめなのはツッコミポジションですね。男性陣にツッコむ女の子ってなかなか少ないし、ツッコんで場を回せるっていうのはプラスだと思います。逆に一番最悪なのは、”この子まじ可愛くない?”とか言って、可愛い子を立てて物事わかってるブスみたいな感じを醸し出そうとするのは逆効果だと思いますね」

ー編集部註:ぽぽさんのことではありません!!

「あとはルックスとかを抜きにしたら、やっぱりモテたいなら面白くなるしか道はない。よく言う”暗い美人より楽しいブス”ってやつですよ」

ーなるほど…。そもそも、自分より可愛い子と合コンに行かないっていう道はどうですか?

「それだと世の中の合コンのクオリティが下がり続けることになるじゃん。合コン文化自体が衰退するよね。そうすると男性陣にもデメリットが大きすぎるし、オススメできないな」

ーでも女の子が合コンをセッティングする時、わざわざ自分より可愛い子を呼ばないような気がしますよ。

「それ、わかんないなぁ。俺がもし合コンをセッティングしてくれって言われたら、絶対多種多様なイケメンを揃えたい! ねぇねぇ、俺の友達かっこよくない?品揃えヤバくない?って言える人材を呼びたいと思うよ」

ーえ〜! 自分が一番じゃなくていいんだ。それで自分の収穫が減ってもいいんですか?

「いや、合コンってもっとこう、総合芸術じゃないの? ”場”をプロデュースして作るっていう側面は絶対あるじゃん。だから合コンをやるってことのハードルは意外とすごく高いと思うんだよね。企画力が試されるっていうか」

ーそんなこと考えてるのは日本でタカハシさんだけです。

「そうなの? でもさ、ちゃんと適材適所な人材で、しかもいい化学反応が起きる人を集めないとダメだと思いますから。バンド組むのと一緒だよね。つまり今回の質問のケースだと、この可愛い子が企画したのかもしれないけど、この子の企画力不足!結論!」

ー(笑)。ちなみに、ぽぽさんも2番手くらいに可愛らしい女性だとしたらどうですか?

「そこはもう、人間の趣味って本当に多様だから、自信持ったほうがいいよ。すごい整った子を必ずしもみんなが好きってわけじゃないから」

ー自分が2番手の場合は、”今日私より可愛い子いるからな〜”と思いながら合コンに行ったほうがいいんですか? それとも”もしかしたら私が一番かも?”って思ってたほうがいいとか。

「もしかしたら私が一番って思って来てる子のほうが、なんだかんだモテるだろうね。気が引けながら合コン行ってるとか意味わかんないもんね。なら行くなよって話だし(笑)。そもそも合コンっていう場なんだから、自分が女王になるつもりでみんな行くべきなんじゃない?」

ーそうですね。行ってまでみじめな気持ちになったら意味不明ですもんね。

「可愛いというフィールドにおいては負けてるのかもしれないけど、他のフィールドで女王になるつもりで各々が挑んでいくほうがいいと思いますよ。だってそのくらい気高い戦いの場なんじゃないの? 合コンって」

ー絶対違うと思いますけど。

「行ったことないんだよね」

ー行ったことないのかよ!

NEXT:レストランのお兄さんにFall in Love…♡

1

2

おすすめ記事

最新号

ar8月号発売中!カバーは浜辺美波さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP