インドア女子必見! 「思わず巣ごもりしたくなる部屋」を作る6つのTIPS

2020年7月7日

こんにちは、アナイスです。

コロナの自粛期間を経て、私たちは未だかつてないほど家の中、部屋の中でずっと過ごしてきましたよね。

普段の忙しい生活の中で、おざなりにしてきた空間。

毎日そんな場所で、新作のコスメを使ってメイクをして、今シーズン一番アツい服を身に纏う。これまではそれが、即席的“最高の私”でした。

しかし、本当の意味でベストな状態を目指すには、やはり根本的なところから取り組まないといけないことに気づきました。

まずは、部屋の在り方を見直すところから!

特に、部屋は「住む人の心の写し鏡」と昔から言われているほど、自分の気持ちが正直に表れるものですよね。


photo by shutterstock

掃除はかろうじて一通りできていても、なんとなくボーッと部屋の中を見渡しても、ワクワクしないしキュンとしない…。

そんな感覚に陥っている方に、「思わず巣ごもりしたくなる簡単な部屋の印象変えTIPS」をご紹介してみたいと思います。

その① シーズンを意識して部屋を作る

部屋のマンネリ化を今すぐにでも解消する方法が、シーズンを意識して部屋の模様替えをすること。

今の季節ならラグは夏っぽい麻のものにして、ラタン系の家具を全面的に出してみるとか。

年中モフモフした長毛のマット、ラグを使っていると、他のアイテムを夏っぽく変えてもそこだけ浮いて、部屋全体のイメージの足を引っ張ってしまいます。

衛生面を考慮しても、その時々にラグを選手交代させる方がベター。

また、布団や枕カバーは視覚的に面積も広いため、これだけでも、季節を意識したデザインに変えると印象がグッと変わります。

その② 勇気を出してマンネリ家具を手放す

何事も、INする前にOUTすることが重要。

「まだ使えるから…」と、学生時代からの家具ばかり使っていませんか? もちろん、思い入れのあるものを手放す必要はありません。

しかし、自分が歳を重ねるにつれて家具を徐々にアップデートしていくことも、ベストなマイルームを作る上で必要です。

例えば、デスク周りは仕事の内容によって、どんどん使い勝手が変わりますよね。


photo by shutterstock

また、今の自分の感覚に合う雑貨や小物だけを集めても、大きな面積を占める基本的な家具がパッとしないと、全体がイマイチな仕上がりになってしまいます。

一気に全てを買い換えるとか、そんな思い切ったことはしなくてもいいです。ただ、少しずつ家具の見直しをしてみると、それだけでも心機一転できますよ。

1

2

人気ランキング

最新号

ar11月号♡カバーは本田翼さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP