• ar web トップ
  • PICKUP
  • PICKUP1
  • 【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(9月号・後編)【カツセマサヒコ】

【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(9月号・後編)【カツセマサヒコ】

2018年8月20日

貯金の話になると途端にガチになるar

続いて紹介するのは、お金の貯め方企画―!

「なんで”モテ特集号”なのに貯金の話してんの??」ってギモンは華麗にスルーしたいんですけど、貯金の話になると親身すぎるくらい親身に助言をくれるar。

極貧OLからどうにか抜け出したい皆さんには必見のコーナーです!

例えば、手取り237,000円の人が「30歳までに海外の大学院に留学したい」という目標を持った場合どのようにお金を貯めるべきか?といった形で、4つのケースに分けて紹介しているのですが、、

「一人暮らし女性の適正な支出の割合」とか、学校で教えて欲しかったやつじゃん。

どうですか皆さん、完全にオーバーした暮らししていませんか?

ちなみに僕は一人暮らし時代、交際費が尋常じゃないことになって財形貯蓄を崩したことがあります。お金の管理は慎重にね。

 

また、「ライフイベントに備えて100万貯金するパターン」も掲載されているのですが、これを見て、一個思ったことがあるので言っていいですか。

手取り19万円で、

52,000円も残る!?

しかもコメントには「毎月7~10万は口座に残っていると思います」って書いてあるし、

貯金めちゃくちゃ上手いじゃん! スーパー節制生活じゃん!! 絶対参考にならないじゃん!! 洋服買いたいじゃん!!!

と買い物依存症の如くキレかけたのですが、答えが書いてありました。

 

実家暮らしって最強。

やっぱり貯金するなら実家が一番だったわけですよ。おっさんになりすぎてその選択肢が一切頭にありませんでした。

 

とりあえずお金を貯めたいと思った皆さん、細かいところは本誌を参考に、収支のバランスを改めて見直してみてくださいね!

エステも脱毛もハワイもブランドバッグもコスメも、全部手に入っちゃうかもしれないぞー!!!

1

2

3

人気ランキング

最新号

ar12月号♡カバーは内田理央さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP