フォトグラファーの趣味も詰め込んだ仕事場兼自宅【可愛いあの子の部屋が見てみたい】

2019年3月15日

「1人暮らしの女の子の部屋ってどうなってるの?」というひと言からはじまったこの企画。

普通の女の子たちが暮らす、プライベートな空間をちょっとだけのぞき見させてもらいます。

 

5回目は昨年独立したばかりのフリーランスのカメラマンMISUMIさんが、アシスタント時代から住んでいるお部屋を拝見♡

ROOM 1

PROFILE

MISUMIさん/28歳/フォトグラファー/O型

趣味:映画・音楽鑑賞

 

ROOMDATA

間取り:1K(6帖+4帖)

居住年数:8年

間取図

【お部屋紹介】

「アメリカンポップをベースにしたカラー部屋にしています。赤色をメインに好きな柄やインテリアなどの物を飾って、楽しめる空間づくりをしています」

 

PLACE

東横線 学芸大学駅

【この駅を選んだ理由】

「都心に近いけどゆったりとした街の雰囲気が気に入って、ここを選びました」

【住んでみてどうでしたか?】

「静かで落ち着いた空気が流れている感じが好きで、ホッとできます。『Maison romi-unie』というパウンドケーキ、クッキーの美味しいお店があったり、『古本遊劇 流浪堂』といういろんな分野のディープめな古本がたくさん置いてあるお店で、ゆっくり立ち読みするのも好きです」

 

▲大画面でゆったり映画鑑賞

窓の上に設置してある映画鑑賞用のプロジェクターコーナー!

白壁なので、一面に投影して大画面で見ることができます。コンパクトですがテレビ画面で見るより、プロジェクターの方が断然迫力も増して楽しめます♪

 

▲キッチンの棚はDIYで見せる収納に

DIYしたお気に入りのキッチンコーナーです。生活感の出る調味料などはボックスにまとめたり、置物も並べて楽しめるコーナーに。

 

▲玄関横は作品展示コーナー

靴棚の上は個展を開催したときの作品を飾っているコーナー。明るい色彩のものを選んでいるので、玄関の雰囲気も明るくなって気に入っています。

 

▲棚で仕切ったお仕事用のPCスペース

仕事モードに切り替えられるよう、PCコーナーは仕切りを作って一箇所にまとめています。作業用のモニター、プリンター、スキャナーの機械類と納品用グッズ。他にもお気に入りの写真集や本、雑誌から専門学校時代の教材まで置いてあります。

おすすめ記事

人気ランキング

最新号

ar4月号発売中!カバーは新木優子さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP