• ar web トップ
  • トピックス
  • “心の余裕”が足りないな、と感じたら!「ゆるーく花のある暮らし」のススメ【日笠麗奈】

“心の余裕”が足りないな、と感じたら!「ゆるーく花のある暮らし」のススメ【日笠麗奈】

2019年4月18日

こんにちは!

モデルエディターの日笠麗奈です。

 

突然ですが皆さんは、「余裕」足りてますか?

 

私はというと、仕事もプライベートも全力で楽しみたい!と意気込むあまり、心に、生活に、余裕がなくなってしまうこともしばしば。

 

そんな時、いつも頭の片隅で唱えるのが

「花は、心の余裕のバロメーター」という言葉。

お家にお花があるって、余裕がある証拠。

自宅でふとした瞬間にお花が目に入ると「ちょっと、いま私“丁寧な暮らし”しちゃってない!?」ってなんだかテンションが上がる。

(って、本当に丁寧に暮らしてる人は、いちいちそんなこと考えないですよね。笑)

 

なにはともあれ、心の余裕のため、気分を高めて自分をあやすため、なるべく家にはお花を飾るようにしています。

そこで今回は、私なりに考えた「ゆるーく花のある暮らし」をご紹介します!見出し

 

低コスト・失敗知らず!簡単すぎるフラワーアレンジ

ゆるーく花のある暮らしを始めるなら、まず、大小2つのフラワーベースを用意しましょう。高さや形もバラバラでOK!

そして、それぞれに異なるお花を飾る。以上。

フラワーアレンジなんて見出しをつけたのが申し訳なくなるくらい簡単。

 

でもね……

なんか、ソレっぽい!でしょ?(笑)

 

最初はおしゃれなアパレルショップで見かけるような、同じ種類のお花を何本もボリューミーに飾るスタイルが好きだったのですが、正直お金もかかるし、ちゃんとお

世話できずに枯らしてしまった時の罪悪感たるや……。

特別な日だけならいいけど、毎日続けるのは至難の業です。

 

そこでたどり着いたのが、2つのフラワーベースを使った飾り方。

これなら少しのお花で、低コストな上に存在感&凝ってる感が出せる!

 

「どんな組み合わせが可愛いかな?」と考えるワクワク感も楽しいし、そもそもどんな組み合わせでもサマになるので、失敗知らずです。

白系のお花でワントーンにまとめるも良し。

 

コントラスト強めにするも良し。

 

ポイントは2種類のお花のシルエットや品種をバラバラにすること。

カラーは反対色でも、同系色の濃淡でも、とにかくなんでも大体かわいくなります。断言。

 

私はお花選びで遊びたいのでフラワーベースはシンプルなガラス製にしていますが、カラフルなものやガラス×陶器の素材違いなども良いかも。

 

お花もダイエットと同じで、無理をしてしまうと長くは続かないもの。

「ゆるーく花のある暮らし」で、サクッと心の余裕をチャージしちゃいましょう♡

おすすめ記事

人気ランキング

最新号

ar6月号♡カバーは今田美桜さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP