海に浮かぶ遊園地って?夏こそ行ってほしい映える島旅のススメ

2019年7月19日

こんにちは。arモデルエディターの矢野詩織です。

夏が近づいてきて、海辺の気持ちいいところに行きたいなぁ、と思う人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時、私は島旅をします。

 

この時期のおすすめは、フェリーで行く小豆島です。

 

私が実際に小豆島を訪れた際に撮影した写真と共にご紹介します。

 

小豆島ってどんな島?

瀬戸内海に浮かぶ香川県の島、小豆島

オリーブやそうめんなどの産地として知られ、温暖な気候です。

 

島の面積は、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目とかなり広いので、観光の際はレンタカーやレンタサイクを利用したほうがよいです。

 

学生時代、歩いて旅したことがありますが、経験上、山が多いのでとても大変でした。

 

免許を持っていない方は、バスが運行しているので、バス移動がおすすめです。

 

まるで海に浮かぶ遊園地!新型フェリー「おりんぴあどりーむ せと」を体験

私の出身地である岡山県から小豆島へは、新岡山港~小豆島土庄港間でフェリーが運行しています。車やバイクも一緒に乗船できます。

 

運行時間は、約70分。穏やかな瀬戸内海と爽やかな風に揺られながら移動します。

私が乗ったフェリーは、今年の5月に運航を始めたばかりの新型フェリー「おりんぴあどりーむ せと」。

 

岡山市出身の人気デザイナー水戸岡鋭治氏のデザインで、客室は木目調のお洒落な雰囲気でした。

デッキには、英国の人気鉄道アニメ「チャギントン」のミニ電車やブランコ、滑り台などの子ども向けの遊具がありました。

 

その他、貸し切りの飲食会場もあり、夏季限定で流しそうめんなど島の味覚も楽しめるそうです。

海に向けて設置されたブランコは、女子旅には欠かせないインスタ映えスポット!

まるで海に浮かぶ遊園地のようなフェリーでした。

 

小豆島グルメ&観光スポット

小豆島で今、一番話題のスポットと言えば「エンジェルロード」。「天使の散歩道」とも呼ばれ、1日に2回、干潮時に海の中から現れる砂の道です。

 

大切な人と手を繋いで渡ると願いを叶えてくれると言われているパワースポット。

実際に「エンジェルロード」に行くのもいいですが、食いしん坊な私のおすすめは、エンジェルロードを眺めながらラーメンを食べること。

 

「小豆島ラーメン HISHIO 」エンジェルロード店では、瀬戸内海とエンジェルロードを眺めながら食事ができます。

 

磯の香りたっぷりな「醤ラーメン」は、小豆島に来たなら食べてほしいローカルフードです。

また、小豆島は、お寺や神社も多く、パワースポット巡りもおすすめ。実は、私、小豆島のお寺はすべて網羅しています!

今回の旅でも、800年以上もの歴史を持つ「長勝寺奥之院 西之瀧」や小豆島で一番標高の高いところに位置するお寺「清滝山」に行ってきました。

 

ロケーションも抜群で、住職さんもとても親切にしてくれるので、ぜひ訪れてほしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、2019年7月19日(金)~8月25日(日)は、瀬戸内国際芸術祭の夏の開催期間。

 

島には、たくさんのアート作品が展示され、イベントも開催されます。

 

2年に一度、自然とアートが融合する貴重な機会なので、この時期をめがけて訪れるのもおすすめ。

日常から離れて、だれにも気兼ねせず、のんびりした時間を過ごせる小豆島。

島の人も懐が深く、親切で優しい方が多いので、旅するときっと小豆島が好きになりますよ。

 

Instagram:https://www.instagram.com/shiori_styling/

Twitter:https://twitter.com/shiori_styling

おすすめ記事

人気ランキング

最新号

ar11月号♡カバーは森絵梨佳さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP