”手前紅葉”でプロっぽ写真も夢じゃない♡iPhoneで簡単に撮れる紅葉フォトテク

2019年10月25日

こんにちは。arモデルエディターの矢野詩織です。

 

秋といえば、紅葉!

カメラ女子の私にとって、週末の紅葉スポット巡りが楽しい季節がやってきました。

出勤中やお出かけ先で偶然に紅葉スポットに出くわすこともあるかもしれません。そんな時にiPhoneで簡単かつ綺麗に紅葉フォトを残せると嬉しいですよね!

 

そこで、今回は、ただ撮るだけとは差がつく、iPhoneで撮る紅葉フォトのテクニックをご紹介します。

 

手始めにまずは露出を調整!

紅葉風景の鮮やかさを引き出すために、まずは露出を調整。

iPhoneのカメラを立ち上げて、主役となる被写体部分をタッチして明るさを調整します。

これだけで、色の鮮やかさが変わり印象も良くなります。

 

お手軽で世界観を演出!内蔵のフィルターで鮮やかに紅葉の残す

また、iPhoneに内蔵されているフィルターを使い、色を調整するものおすすめ。

黄色がメインとなる紅葉や赤がメインとなる紅葉では、フィルターを使うと世界観も変わりまよ。

 

手前紅葉のテクニックでグッとプロっぽい写真

私がよく使うテクニックの一つが「手前紅葉」です。

まずは、紅葉などの葉っぱにピントをあわせ、後ろに広がる風景を撮影。

主役を決めると撮影しやすいです!

また、逆に後ろに広がる風景や人物をメインに撮りたい場合は、主役にピントを合わせて手前の紅葉をぼかすのも素敵ですよ。

 

水面を見つけろ!鏡効果で幻想的な紅葉フォトを撮る

紅葉スポットの撮影の時には、周囲の水辺をチェックするのがポイント!

私は、撮影前に近くに水辺や水たまりがあるかどうか必ず確認します。

あえて、水辺に映る木々を写すことで、幻想的写真に仕上げるのもおすすめです。

 

裏技!フィルターとして色付きのレースを使う

私のよく使う撮影テクですが、撮影に色の付いたレースをレンズ部分にかぶせてフィルターとして使用します。今回は、赤のレースを使い撮影してみました。

赤の光が差し込んだように幻想的な世界を演出できます。

また、足元の落ち葉だけを画面いっぱいに撮影して絵画っぽく仕上げたり、葉っぱに付いた朝露の水滴を主役して撮影するなど、紅葉スポットの状態や天候に合わせて、周囲を観察して様々な視点で撮影してみてください。

紅葉シーズンは、インスタ映えな写真が撮れる絶好のシーズン!

すぐに実践できるフォトテクニックを身に着けて、今年の秋は日本全国の紅葉スポットへ出かけてみてください。

 

Instagram:https://www.instagram.com/shiori_styling/

人気ランキング

最新号

ar9月号♡カバーは森絵梨佳さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

ページトップへ TO PAGE TOP