2020年はデートで着物を着よう!新年にぴったりな着物モテコーデ術

2020年1月12日

あけましておめでとうございます。モデルエディターの矢野詩織です。

本年もar webを一緒に盛り上げていくので、よろしくお願いします。

 

2020年オリンピックイヤーを迎え、海外の人からますます注目させる日本!

日本人にとっても、自国の文化を学ぶいい機会かもしれませんね。

 

日本のお正月といえば、「着物」が思い浮かびますよね。

でも、着物を着た記憶が成人式以来ない・・・なんて方も多いかもしれません。

 

そんな方へ、振袖ブランドを立ち上げた”着物マニア”の私が、新年にぴったりな「着物の着こなしコーデ術」をご紹介します。着物を身近に感じてみてくださいね。

 

トレンドはヴィンテージの着物

なんといっても、振袖のトレンドは、ヴィンテージです。私のやっている「わらふ」ブランドでも、全国から珍しい柄や色のヴィンテージ振袖を買い付けにいっています。

着物が好きで自分で着物を揃えたいと思っている方は、リサイクルショップや古着屋さんなどで、ヴィンテージの着物を見つけてはじめるのがおすすめです。

2020年1月15・16日に開催される「世田谷ボロ市」も着物探しに最高のイベント。着物はもちろん、帯など掘り出し物がたくさん!きっと着物に興味をもっているお洒落さんは、ヴィンテージ着物にハマると思います。

 

小物で好きを表現!洋服感覚で作る着物コーデ

ヴィンテージ振袖には、帯留めをベルトにアレンジしたり、思い切って厚底ブーツを履くのがおすすめ。また、半襟と言われる、着物からチラッと見える襟をドット柄やレースにアレンジしたり、つけ襟にすると、かなり可愛いです。

着物も洋服同様にコーディネートの仕方一つでイメージが全く異なります。組み合わせは、無限大なので、とても楽しいんですよ。

 

着物初心者さんへ!まずは観光地で着物を着てみよう

ここまで着物を着るお話でしたが、日常で”着物を着る”って、なかなかチャンスがないですよね。でも旅行先なら、思いっきり着物スタイルを楽しめるはず!

浅草などの下町、京都や金沢もリーズナブルに着物を着られるショップがたくさんあるんです。また、日光江戸村では変身メニューがあり、町娘や大奥など江戸人に変身できる体験もあります。

まずは、着ることからはじめて、着物の楽しさを体験してみてください。

 

ハードル低め!和柄モチーフの小物やアクセサリーで着物気分を味わう

実際問題、初心者で着物を購入したり、着付けを勉強するのはなかなかハードルが高いです。まずは、ハンカチやポーチなど、可愛い和柄アイテムを普段使いしながら着物気分を味わうのもおすすめ。

私は、アンティークの着物の生地を使って、ポーチやバックを作って日常に着物を取り入れています。

昔の着物の柄って、とてもセンスが良くて普段のコーデに取り入れると垢抜けますよ。また、アクセサリーに和柄を取り入れたり、ヘアアレンジで“かんざし”や“つまみ細工の花”など使うのも素敵です。

 

”着物マニア”が立ち上げた振袖ブランド

実は、昨年から、振袖ブランド「わらふ」を立ち上げました。実は、踊りと生花の先生であった祖母の影響で着物マニアになり・・・さらにブランドを立ち上げた大きなきっかけが、フォトスタジオを経営する中で多くの成人式を迎える女の子と出会ったことです。

ハタチの女の子に、”もっと自分の意志で好きな振袖を選んでほしい”という想いが沸々と湧いてきて、洋服やヘアヘイクを決めるように、自由に振袖を選んでもらえるブランド「わらふ」をスタート!

無地の振袖があったていい、振袖にスニーカーやブーツ、ハイヒールを合わせてもいいそんな型破りな発想のブランドです。実は、あっという間に10代の子たちに広まり、反響もすごくて驚いています。

着ると気分が上がって、可愛くモテにつながる”着物”って日本が誇る素晴らしい文化です!

ぜひ、今年は、デートや女子旅などで着物を着る機会を増やしてみてくださいね。

 

 

わらふ公式サイト:https://www.studio-parc.jp/furisode/warafu/

わらふInstagram:https://www.instagram.com/furisode_warafu/

 

矢野詩織

Instagram:https://www.instagram.com/shiori_styling/

Twitter:https://twitter.com/shiori_styling

人気ランキング

最新号

ar2月号♡カバーは白石麻衣さん!

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP