鈴木愛理がarwebに登場♡

ドラマ『ANIMALS』で主演に!鈴木愛理がarwebに登場♡

モデルやアーティストとして活躍中の鈴木愛理さんがarwebに登場!
初主演を務める恋と仕事をテーマにした『ANIMALS-アニマルズ-』への思いや、2人のイケメンとの三角関係について、鈴木さん自身のお仕事観などをたっぷり語ってもらいました。

黒のドレス×赤リップでデキる女っぽい愛理ちゃんが、ふいに見せる笑顔もきゅんです♡

(こちらの記事もチェック)鈴木愛理、1ヶ月でマイナス4kg達成!その方法って?「基本はジュースクレンズと…」

初主演の感想は「わからないことが多すぎて、緊張しなかった」

――初のドラマ主演おめでとうございます!すでに撮影が始まっているとのことですが、現場には慣れましたか?

2ヶ月もの長期間、1つの現場にメインキャストとして参加することはアイドルを卒業してから初めてなんです。その上「座長!」って呼ばれることには全然慣れなくて…。でも「お芝居をするのが好きだな」って再確認しながら過ごしています。

鈴木愛理

――慣れないことも多く緊張したのではないでしょうか?

正直、わからないことが多すぎて緊張するまでに至りませんでした(笑)。
「座長って呼ばれるけど、現場でどう過ごすのが正解なんだろう?」というのがわからず、親友の岡崎紗絵に聞いちゃいましたからね。でも、今は(自身が演じる)海として現場にいることを楽しんでいます。

海は自然と周りを明るくするタイプの子なので、海としていることが、座長として現場の空気を健康的で明るいものにすることに繋がるんじゃないかと思ったんですよね。実際は、出演者の方も、スタッフさんも明るい方ばかりなので、特に意識する必要もないんですが。

“幸せ迷子”でガムシャラな海は「鈴木愛理の二乗」

――今回鈴木さんが演じる鹿森海は制作会社のADで、あるきっかけでコスメベンチャーに転職するチャンスを掴む“幸せ迷子”な役どころと聞いています。鈴木さんから見た海はどんな子ですか?

鈴木愛理の二乗、鈴木愛理×鈴木愛理みたいな子です(笑)。私よりも一生懸命で、私よりもさらにまっすぐ、私よりもさらに周りが見えなくなる子!
鈴木愛理が今よりもっとさらに自分らしく生きたら、海ちゃんになるんじゃないかなって感じています。

それが理由かはわかりませんが、自然と海ちゃんという役にはスッと入ることができました。それに「海ちゃんらしく」いることと、普段の私に大差がないので、すごく居心地が良いんです。演じていて心が健康的に、前向きになるのを感じています。

鈴木愛理流「仕事が忙しい時こそ、プライベートを充実させる」

鈴木愛理

――海を演じている中で、ここは似ていないなと感じることはありますか?

海ちゃんは一つのことに一生懸命になりすぎたり、目の前のことでいっぱいいっぱいになっちゃったりする性格なのですが、私は複数のことを同時にできるタイプなので、そこは違うかなと。でも、海のピュアで猪突猛進な姿からすごくパワーをもらっていて、最近は他のお仕事をしている時も海のおかげで自分の勢いが増している気がします(笑)。

――鈴木さんがお仕事で忙しい時に、いっぱいいっぱいにならないために、心がけていることはありますか?

仕事が忙しくなればなるほど、プライベートを忙しくしています。その方が切り替えられるタイプなんです。

お仕事でクタクタになったまま家に帰って寝ているだけだと、頭の中がずっと仕事モードONなんですよ。だから家の壁を張ってみたり、スーパーに買い出しに行って料理をしたり…普段はしないことをした方がOFFモードになれるんですよね。

生意気な年下男子と恋愛下手な年上社長、愛理ちゃんが選ぶのは…

鈴木愛理

――『ANIMALS-アニマルズ-』には、年下の生意気なカメラマン・風緒と恋愛下手な年上イケメン社長・圭祐が登場します。それぞれの魅力的なところを教えてください。

風緒はクールであまり笑わないタイプなのですが、物語が進むにつれて笑顔を見せてくれたらコロっと落ちちゃうんじゃないかなって思ってます。自分の本性を出すのが苦手で言葉も多くは言わないけど、ツンデレなのってよくないですか? 彼が本性を見せて来たら心は動くでしょうね。
おそらくarの読者の皆さんには風緒が人気なんじゃないかなって予想します!

圭佑さんは、もう完全にギャップなんですよね。「そんなにピュア!?」っていうぐらい国宝レベルのピュアさ。恋愛経験が少ないからこそ、経験があったらできないようなド直球な発言やナチュラルにテリトリーに入っていくことができるんですよ。圭祐さんは複雑な恋愛をした人にこそ響くと思うので、大人女子の皆さんから人気が出そうですね。母性くすぐられます!

――ちなみに鈴木さんはどちら派ですか?

はっ!出た、その質問! 来ると思って考えてたんです(笑)。
でも、まだ始まったばかりなので正直わからないんですよね。今のところ2人とも「ちょっと不器用なんだな」という印象です。これから撮影が進んでいくにつれて、2人がどんな行動に出るか次第で、どうなっていくかな〜と楽しみにしています!

Photo:Kusumoto Takaki
Text:Oki Arisa

「分からないままのニキビケアはNG!」今知っておきたい市販ニキビ治療薬のこと