今宵も受け止めますよ

さあ、今週もみなさんやってきました。
お仕事、学校などなど、

日々にお疲れ気味の女子たちの心を癒す連載

【ティモンディ前田裕太の乙女心、受け止めます!】

今宵のテーマは
「パンツレイヤードについて」。

♥♥♥♥♥

ファッションとは自己実現の手段である。
素敵な衣服を見に纏うことで、なりたい自分に近づけるし自分自身の気分もあげられるでしょう?

言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンだけれども、そんな毒ばかりの世の中では、素敵な衣服という鎧で身を固めて自分を守らなければならない。


渡る世間は鬼ばかり、自分を一番に甘やかすべきは自分なのだ。
なんか、良いこと言ったっぽいからもう一度言おうかな。
自分を一番に甘やかすべきは自分なのだ。
他に甘やかしてくれる人ってなかなかいないし。

兎に角、読者諸兄姉は自分の好きな格好をすべきである。
しかし、乙女達が「素敵と思われたい!」と思って着る服装と男性の思う素敵は異なる。


今回のお題は、“パンツレイヤード”。乙女たちが好んでやっている“パンツレイヤード”スタイルについて話させてもらう。
先ほどの前提に付け加えると、ファッションには言語的機能もあると思う。


「俺はこういう人間だ」と一昔前に名言なのか迷言なのか分からない言葉を残した偉人がいたが、彼のように地上波に乗せて口に出さずとも、衣服で自分は如何なる人間かを主張できる。

素材感やシルエット、色味で印象はある程度は変えられることは読者のみなさんはお分かりだろう。

ワンピース着てたら可愛いし、オフショルダーなんてもう普通に好き。

女子は可愛くていいなあ。

と私の好きな女性のファッションが露呈した所で話を戻すと、
個人的見解では、パンツレイヤードはイマイチなのだ。


だって、ハンバーグラーメンだもの。

なぜか。
それは、スカートやワンピースはそれぞれが単体で可愛いのに、掛け合わせると魅力は少なくなってしまうと思うからだ。

見た事はないけれど、ハンバーグラーメンのような。


心を鬼にして言わせてもらおう。

別々で食べたいでしょ。

何が言いたいかと言うと、布を重ねて、揺れ感があるコーデも当然素敵ではあるが、前田的視点から偉そうなことを言わせてもらうと余計なことをせずにどちらかでいい。

あれこれと必要以上に重ね着する必要はないと思う。

なぜなら、服はみんなの魅力を引き立てる、あくまでも装飾であって、服が主役じゃ無いから。

ただ、最後にこれだけは言わせてほしい。
ハンバーグラーメンな鎧だっていい。餃子バーガーな鎧だっていい。あなたの鎧なのだから。

ちなみに僕のファッション鎧はスルメイカだ。

一見良さは伝わりにくいかもしれないけれど、たくさん噛めばきっと私の魅力が出てくるはずなので、見限らず今後も皆様お付き合いお願いします。

【プロフィール】


お笑いコンビ・ティモンディ前田裕太
ツッコミ、ネタ作り担当。高校の同級生であるたかぎしと2015年にコンビを結成。お笑い第七世代としてバラエティなどで活躍。Youtubeチャンネル『ティモンディベースボールTV』も更新中!