婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』で、初代バチェロレッテに選ばれた福田萌子さん。配信が始まると、恋愛に対するマインドや男性たちへの心遣いが「素敵すぎる」と一躍話題に!

どうしたら素敵な男性と出会えるの?
自分の好きな人から選ばれる方法って…?


世の女性たちの色とりどりな恋のお悩み、萌子さんが受け止めます♡

vol.20
後輩の成長に焦る私…この気持ち、どうすればいいですか?

30半ばになり、仕事も楽しいのですが後輩から先輩になる機会が増えました。今までよくしてもらってきたので後輩に手を差し伸べていますが、後輩の成績に悔しい気持ちや焦りの気持ちもでてきてしまいます。職場の後輩たちもみんな気が合って大好きなのですが、彼らの成長に悔しさもあり、「自分は大丈夫かな」と複雑な気持ちもあります。どんな心の持ち方で仕事をして、また後輩たちと接すればいいでしょうか?ぜひ回答お願いします。

その感情は、あなたに向上心がある証拠

先の人生を考え過ぎるて不安になることってありますよね。

相談者さんはきっと冷静な判断力と理性を持ち、お仕事も出来る面倒見のいいお姉さんなんだと感じます。周りの成長を喜びながら「自分自身は大丈夫かな」と、客観的に等身大の自分を見ようとしているのはとても素敵です。

今の現状におごらず、向上心を持って、自分自身も成長しようと向き合っている証ですね。

人には得意不得意があるからこそ…

私がアドバイスさせて頂けるなら、【後輩】の皆さんとライバルにならずにチームになってみてはどうでしょう?

先輩、後輩を意識し過ぎずひとつのチームだと考えて、ご自身の不得意な部分で他の人が得意な部分は思いっきり頼ってみたらいいんじゃないかな。

福田萌子

お仕事の要領を学ぶまでは【先輩と後輩】という関係は明確にありますが、ある程度お仕事の仕方が分かれば【先輩と後輩】の境界線はあまりハッキリしなくなってきます。
人には得意不得意があるから、それぞれ役割分担をする気分でね。

そしてひとつのチームというのは、会社やプロジェクトの中のチームということだけではなく、私達はこの世界を生きるチームです。

幸せのカタチは人それぞれだけど、みんなの人生が豊かになるようにお互いにサポートし合えたら素敵ですよね。

”周りの成長”と”自分の向上心”は別の感情のレールに乗せてあげて

年齢が若いということは、今の技術や流行を深く知っているということ。

SNSもそうですよね。
私の周りの経営者の方々は、人格者で日本の経済をまわす素晴らしい方達です。お話をする度に学ぶことが多く、その背中を常に追いかけていますが、SNSの活用法については普段から使っている私の方が熟知しています。

”お友達”というにはおこがましいほど立派な方々ですが、普段からお世話になっているということもあり、SNS周りのアドバイスをしたり、微力ですが彼らのサポートをさせて頂いています。

私も相談者さんと同じ30代半ば。

年齢は気にしていませんが、分けるなら最近は同年代や20代の方達と一緒にいる時間が増えてきました。年代が違うということは育ってきた時代が少し違うということなので、モノの見方や考え方も違います。私は周りに頼れる後輩達がたくさんいるので学ぶことも多く、日々助けてもらっています。

もちろん人生の年数でいえば私が先輩なので、今まで私が先輩達にしてきてもらったように、出来る部分のサポートはさせてもらっています。
でも私の不得意な部分や知らないことに関しては、秀でた相手に「私は◯◯が得意じゃないから、どうしたらいいか教えて欲しいな」と頼っています。

年齢が近ければ近いほど比べてしまうものですが、逆に年齢以外は育った場所も環境も学んだことも、性格も交友関係も何もかもが違います。

純粋に『周りの成長や成功を喜ぶ気持ち』と自分の『これからについて考える向上心』を混ぜるのではなくて、「それはそれ。これはこれ」と別の感情のレールに乗せてあげて下さい!

比べるのは常に昨日の自分。

デキる後輩からの刺激をもらって、「よしっ!私も!」と自分を奮い立たせて下さいね。

<あわせて読みたい>

「すっぴん可愛いね」ってなにより嬉しい♡ イグニス イオのピューレがお役立ちってウワサ

【ぷっくり涙袋テク】″とろけ盛りブラウンメイク″で120%盛れ顔に