婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』で、初代バチェロレッテに選ばれた福田萌子さん。配信が始まると、恋愛に対するマインドや男性たちへの心遣いが「素敵すぎる」と一躍話題に!

どうしたら素敵な男性と出会えるの?
自分の好きな人から選ばれる方法って…?


世の女性たちの色とりどりな恋のお悩み、萌子さんが受け止めます♡

結婚がすべてじゃないけど、両親に安心してもらいたい

vol.21
「結婚は?」「彼氏は?」と聞かれた時の上手な対処法が知りたい!

30歳独身です。親や親戚からの「結婚の予定はどうなの?」というプレッシャーに押しつぶされそうです。わたし自身そんなに恋愛体質ではなく、恋愛はしたいものの今のところそういったご縁もないし、両親に安心してもらいたいけどそうもいかない今の状況に悲しくなります。結婚がすべてじゃないのはもちろんですが、そういった声をすべて否定するのも違うなと思っています…。萌子さんは、そういった周りの声にはどんな風に対応されてますか?

意見は受け入れるけど、「受け止めない」

周りの環境が変わると投げかけられる言葉も変化してきますよね。

理屈だけではどうにならない感情の相談、ありがとうございます。悩んでも仕方がないと分かってはいるけど、気分が乗らない時にはマイナス思考になったりすることもありますよね。

福田萌子

私の場合、結婚や恋人について言われる言葉は否定せずに受け入れますが、【受け止めません】!

人それぞれ価値観は違うのでその人の意見を聞き、受け入れる。ただ、自分の幸せのカタチや今何を求めているかは自分が決めることなので、その意見に感情移入をして【自分を否定】することはしません。

相手の意見を尊重するのと同じように、自分の意見も尊重してあげることが大切です。

好きな人がいることはとても幸せなことですが、いなくても十分楽しいはず。

どちらの方が楽しく幸せなのかと比べるのではなく、いてもいなくてもそれぞれの楽しみ方があって、それぞれの幸せなカタチであることを再認識してみて下さい。

結婚=幸せ 結婚=不自由

1人=幸せ 1人=不幸せ

と、イコールで結びつけられたイメージに目を向けるのではなく、今あなたが、あなたの人生を身体いっぱいに楽しんでいることが【幸せ】のカタチです。

何処で何をしていても、親は子どもを気にかけている

ご両親を安心させてあげたいという気持ちは、永遠のテーマですよね。でも、あなたが今、人生を目一杯楽しんでるよと伝えてあげたら、ご両親は安心するのではないでしょうか。

結婚は1つの安心のカタチでもあれば、その後旦那さんやそのご家族と上手くいくのかと考える不安の材料にもなり得ます。

つまり、何をしていても何処にいても、親にとって子どもは常に気にかける存在です。

それが家族だし、愛情なんだと思う。

だから「私は今、こんなことをしていてとても幸せだよ!お父さん、お母さん、産んでくれてありがとう!」と伝えてみてはいかがでしょうか。

最初はそれでも心配されるかもしれませんが、親も人の子。私は小学生の頃に母親の発言に矛盾を感じて不満を伝えたら「ごめんね、ママも母親初めてだから。」と言われてハッとした経験があります。

親だって間違うし、まだまだ親として初めての出来事が沢山あるはず。
子どもの結婚や出産などの人生の大きなイベントなら尚更です。

お互いに歩み寄って一緒に成長していけたら良いですね。