• ar web トップ
  • ラブ
  • 「無知ぶりっ子」して甘い蜜吸ってました。【はましゃかコラム】

「無知ぶりっ子」して甘い蜜吸ってました。【はましゃかコラム】

2018年3月3日

あ〜!!今日も知っているのに男を喜ばせようとして“知らな〜い”って顔をする女が見えるぞ〜〜〜〜!!!!!!!!

 

ま、私のことなんだけどな!!!!!

 

というわけでこんにちは、はましゃかです。
前回の居候体験記に引き続き、本日も反省文を書こうと思います。

みなさん、大物司会者に下ネタ振られたときの女子アナウンサーのみなさんの反応、思い出してください。

 

え〜〜?(笑)何ですかそれ〜〜??(困り顔)

 

これ、すごく使えるんです。本当は知っていることを聞かれてもわからないふりをする、新手の処世術。

 

それが、無知ぶりっ子

 

みなさんも、男性の前で、
本当は知っているのに「知らない」と言ったことはありませんか?

でも私、これにあやかって、大変なことになってしまったんです・・・。

 

私が無知ぶりっ子を始めたきっかけ

小学生のころ、めちゃくちゃ負けず嫌いだったんです。

 

私の家はかなり厳しく、夜8時以降のテレビは禁止、ゲームも論外。
そのため友達の会話に全然ついていけなくて、始めたのが「知ったかぶり」。

 

でも、バレるとかなりかっこ悪いし、嫌われる。
それでも友達が欲しくて、中高一貫の女子校に入るときに決めたんです。

 

「世間知らずだけど、好かれる子になる!」と。

 

中学に入って始めたのは、知らないということを正直に言うこと。
そして、「教えて」って、可愛く言うこと。

 

これ、めっっっっっちゃ効きました

 

女子校でも先生や友達からこれでもかと言うほど可愛がられ、
悲願の人気者チャレンジに成功。

みんなが慈悲の顔で「しょうがないな〜」って構ってくれる!!!
「他の子には秘密だよ」なんて、おトク情報まで教えてくれる!!!!

あれ、もしかして、

 

自分よりバカな人に、人間って優しい・・・・?

 

10代前半で処世術を覚えてしまった、悲しくもあさましい私の姿。

 

それからというもの、
味をしめた私はあれだけ強かったプライドを捨て去り、
なんでも反射的に「知らな〜い」「わかんな〜い」と言うようになりはじめたんです。

 

ここで、伏線を一つ書いておきましょう。
私の学力は、下がり始めました。

 

人に好かれたくてプライドを捨てた妖怪、ここに爆誕・・・!

 NEXT:実は危険!無知ぶりっ子を続けるとどうなる・・・?

1

2

おすすめ記事

最新号

ar9月号発売中!カバーは安室奈美恵さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP