• ar web トップ
  • ラブ
  • 自分に自信をつける近道、あります。【タカハシヒョウリ おタク男子の処方箋】

自分に自信をつける近道、あります。【タカハシヒョウリ おタク男子の処方箋】

2018年9月15日

おタク男子が世のおフェロ女子に物申す!
読者の乙女なお悩みに、バンドマンおタク男子の彼が思いもよらない変化球で答えます。
恋も仕事もおしゃれも夢も。人生に迷ったらあの人に相談してみよう!

答えてくれるのは、ロックバンド・オワリカラのタカハシヒョウリさん。


↑音楽家時のタカハシさん (c)勝永裕介

特撮おタク時のタカハシさん

☆これまでの処方箋一覧はコチラ

今回は、繊細女子必見のマジメなお話。

最近何をやってもダメで…

色々な面で自分に自信がありません。仕事もうまくいかないし、人の目は気になるし…。自信をつける方法はないでしょうか。(リリーさん・29歳)

「これはやっぱ、勝ち癖をつけるってことじゃないですか」

ー勝ち癖?

「前も話した作家の阿佐田哲也さんが言ってたんですけど、たとえばずっと負け続けてる状態ってあるじゃないですか。たとえば戦闘力50の敵と戦ってて負け続けてて、なんとか勝ちを取り戻さなきゃ!と思った時に、戦闘力100の敵に挑むのが一番まずい方法だと」

ーまぁ、また負けるだけでしょうね。

「50の敵に負け続けてるなら、まず戦闘力20の敵と戦って、少しずつ勝ち続けることで勝ち癖をつけていく。っていうのが一番、スランプを抜け出すのにいいって彼は言ってました」

ーお〜、なるほど。合理的ですね。

「たしかにそうだな〜、と思って。人間って負けが重なってる時って、冷静な判断力失っちゃう。ギャンブルとかで負けまくってる時って、じゃあ全部賭けて取り戻してやる!とかって思っちゃう。そういうのティルト入ってるって言うんですけど、僕もそれで失敗します。そんな状態だったら次もなかなか勝てないし、仮に勝ったとしても、それって自分がずっと培ってきたフォームを崩しちゃってるんで、すごい不安定なもんなんです。長期的に意味がない」

ーたしかに。なりふり構わず目の前の戦いに勝ったとしても、次につながらなさそうですね。

「阿佐田先生曰く、安定して勝つためには、”自分はこれで勝てる”っていう自分のフォームをつくること。そのフォームができていくことが、イコール自信がつくっていうことなんじゃないかと」

ーフォーム、ですか。

「ゴルフのフォームとかのフォームですね。急に大きなハードルを越えようとしてむちゃくちゃに大きく振りかぶると、せっかく作りかけたフォームが歪んじゃうんです。たとえ一瞬パワーを発揮できたとしても、今まで培ってきたものは全部無駄になってる。だから多少ステージを下げてでも、コツコツこれだっていう勝ち癖をつけることでリリーさんも自信が出てくると思います。これってよく自己啓発本とかでもよく書いてある、”毎日の小さな幸せを見つけよう”みたいなことと根本的には近いんだけど、こっちのほうがしっくり来ません?」

1

2

3

おすすめ記事

最新号

ar10月号発売中!カバーは有村架純さん♡

最新号はコチラ

定期購読はこちら

公式instagram

公式Twitter

公式LINE

From Instagram:

公式Instagram

ページトップへ TO PAGE TOP