“モテ”や“愛され”といった他人の目線なんて気にしない!

ほしいのはただひとつ、「自分が心地いいと感じる髪」。

切り込んだカットやハードパーマ、デザインされたカラーなど、誰ともかぶらない、自分らしさをとことん貫くのがワタシ流。

変わってる、が褒め言葉。そんなあなたに贈る、”モテない”ヘアスタイル5選です。

「この秋、"よくいる女"にならない為には…?」くすみパステルで脱・量産型♡

01 フェイスフレーミングで甘顔をシャープ仕立てに

すっきりカットしたサイド&襟足と、柔らかな毛流れの長めバングとのコンビが爽やか。
暗めのナチュラルブラウンをインナーカラーで入れることで輪郭をシャープに見せ、肌の白さも強調。
トップの毛束をブリーチしてベビーピンクをのせ、ほのかな甘さをトッピング。

モデル/飯島伊織さん

02 ショートをハンサムに味付け

目にかかるウザめの前髪が印象的なUK風メンズライクショート。
全体に残っていたスパイラルパーマを生かし、毛先には意志強めなカールを巻き足し。
前髪中心に入れたオレンジのハイライトや顔まわりのピンカールなど、ところどころ甘さを加えることで、ニョロモン投入。

モデル/渡部亜由里さん

03 グリーンのパンチで魅せる凛としたタフガール

オーロラグリーンのデザインハイライトが効いてる自分モテなミディパーマ。
Iラインのカットと円錐ロッドで作るランダムカールを合わせ甘さをシャットアウト。
柔らかなカーキベージュで油断させつつ、ハイライトで一発逆転なインパクトを。

モデル/菊池 海さん

04 カーリーなショートバングで私っぽく

切りっぱなしボブに奔放な毛先カールと潔い眉上バングでスパイスを加え、ちょいモードにシフトチェンジ。
耳下は平巻き、顔まわりをフォワードに巻いてランダムな束感を出し、前髪は表面、中間、内側と3段に分けてそれぞれワンカール。
表面がズレて、ボリューミィに。

モデル/Kaeさん

05 重ためファッションと鮮やかカラーのコーデが粋

秋冬のファッションは重たくなりがちだからこそ、鮮やかなカラーで気持ちまでも明るく!
顔に近い根元〜中間はコーラルピンク、服にかかる毛先部分をブラウンのグラデカラーにすることで、肌とも服ともなじみよく。
スパイラルで細かく巻いて動きを出し、辛口だけど軽やかに。

モデル/Cumaさん

自分の”好き”こそが正義なんです!♡

Photo:Kitaura Atsuko
Text:Ikeyama Akiko

「SNSで見る部屋に憧れてます」全部が無理なら一部だけ。オシャレ部屋のコツ